グッチ日本上陸50周年の幕開け「ザ・ハウス・オブ・アルチザン」を伊勢丹新宿店で開催

@Press / 2014年3月5日 15時30分

グッチ カプセル コレクション
1964年、東京・銀座 みゆき通りに日本初のグッチ ショップがオープンしてから今年で50周年となります。50年の歴史を祝すとともに、日本の皆さまへの心からの感謝をこめて、1年を通じさまざまなスペシャルイベントを展開いたします。

グッチは卓越したクラフトマンシップと革新的なデザインから生まれるメイド・イン・イタリーのクオリティ、ラグジュアリーなライフスタイルを体現するブランドとして日本の皆さまに愛されてきました。また日本の文化・伝統にインスピレーションを得たクリエイションやさまざまな社会貢献活動を通じて、グッチと日本は素晴らしいパートナーであり続けています。
1964年、東京オリンピックの年に日本初のグッチ ショップが誕生。この日本での第一歩は、グッチに息づくフィレンツェの伝統・文化と本物のエレガンスに魅了され、日本に紹介したいと願ったサンモトヤマの創業者、茂登山 長市郎 氏の情熱に導かれたものでした。


「GUCCI 50 years in JAPAN」の幕開けに、日本の皆さまへの心からの感謝をこめて、イタリア・フィレンツェのクラフトマンシップを皆さまの目の前でご披露する「アルチザン コーナー:Gucci, The House of Artisans」を開催いたします。レザーグッズ、シューズ、シルク製品、ジュエリーの職人が一堂に揃う、日本初のスペシャルイベントです。バンブーバッグやホースビット ローファーのほか、限定カラーのソーホーハンドバッグ、ニュージャッキーバッグ、ウォレットに加え、新作ハンドバッグ「レディ ロック」の製作をアルチザン コーナーで初めてご披露いたします。アルチザンの熟練の技巧によって仕上げられる工程を目の前でお楽しみください。

期間:3月12日(水)-18日(火)
場所:伊勢丹新宿店


また同時に、この特別な年を記念してクリエイティブ・ディレクター、フリーダ・ジャンニーニによってデザインされた50周年を祝したカプセル コレクションを先行販売いたします。ハンドバッグ、ウィメンズウェア、スカーフ、ウィメンズシューズ、ジュエリーのフルラインナップで展開されるカプセル コレクションは、日本初のグッチ ショップがオープンした2年後の1966年に誕生したグッチ不朽のアイコン、「フローラ」プリントからインスピレーションを得ています。「フローラ」は、モナコのグレース大公妃のためにデザインされたスカーフとして誕生しました。カプセル コレクションでは、アイコンプリントの発祥となったスカーフをチャリティアイテムとして、その売り上げの100%を『ユネスコ協会就学支援奨学金 ― GUCCI奨学生』支援のために寄付いたします。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

グッチ アルチザン

@Press

トピックスRSS

ランキング