世界初!国内シェアNo.1 MDM「Optimal Biz for Mobile」がiOS 7.1に対応!

@Press / 2014年3月11日 11時0分

株式会社オプティム(東京本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下 オプティム)は、国内シェアNo.1(※1) MDM(※2)「Optimal Biz for Mobile」が、日本時間3月11日より、世界で最も早くiOS 7.1に対応したことを発表いたします(※3)。この対応によって、ユーザーが利用中の端末を最新のiOS 7.1に更新した場合でも、従来通りの端末管理が可能となります。

Optimal Biz for Mobile製品ページ:
http://www.optim.co.jp/products/bizformobile


「Optimal Biz for Mobile」は、企業において使用されているスマートフォン、タブレット端末の管理、セキュリティ対策をサポートするサービスです。ご利用の端末に専用のアプリケーションをインストールし、端末の紛失や盗難に遭った際に遠隔で不正利用を防止するリモートロック、業務にて認められているアプリ以外の使用を禁止するアプリケーション起動禁止、ウイルスから端末を守るウイルス対策アプリの一括配布など、管理者が定めたポリシーをウェブブラウザー上で一括管理、配信することで、端末管理者の負担を軽減し、企業内のスマートデバイス活用をサポートします。

昨今、MDMを選定する基準のひとつとして、最新OSへの迅速な対応が重要視されています。また、BYOD(※4)の導入を検討している企業が増えていますが、個人所有の端末ごとに異なるOSのバージョンを管理するのは容易ではありません。特にiOSに関してはOSのアップデートを即座に行うユーザーが多く、iOS 7の公開後に約4か月で8割(※5)のiOS端末がアップデートされました。企業がBYODの導入を視野に入れた際に、ユーザーが独自判断で最新OSにアップデートしていても支障なくご利用いただけるよう、この度オプティムは世界最速にてiOS 7.1に対応しました。

オプティムでは、端末機種やOSのバージョンにかかわらず安心、安全かつお客様の業務効率を向上させるスマートデバイス向けサービスを提供して参ります。


※1 出典:ITR「ITR Market View: エンタープライズ・モバイル管理/スマートアプリ開発市場2013」2013年11月発行
※2 MDM:Mobile Device Managementの略。スマートフォン、タブレット端末の管理、セキュリティをサポートし、端末紛失・盗難時の情報漏えい対策、リモートロック、不正利用アプリケーションの起動禁止などを行う企業向けサービス
※3 2014年3月11日現在 当社調べ
※4 BYOD:Bring your own deviceの略。従業員が個人所有の端末を職場に持ち込み、業務で利用する事
※5 出典:2014年1月12日時点 Apple社 App Store 利用OSシェア 計測

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング