ACCESS、「TV Connect」において、コンテンツ配信とマルチスクリーン向けの最新ソリューションを展示 ―Alcatel-Lucentをはじめとするパートナー企業ブースにて、DLNAのCVP-2や、CDN、HTML5ブラウザの活用事例も披露―

@Press / 2014年3月6日 14時0分

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏伸哉、以下ACCESS)は、2014年3月18日(火)~20日(木)に、世界中の放送関連企業が一堂に会する大規模展示会「TV Connect」(英国・ロンドン)に出展いたします。

今回ACCESSは、放送事業者やコンテンツ配信事業者が、ホームネットワークやクラウドを活用して、家電や車載機器上で、本格的なマルチスクリーンサービスを可能とする幅広いソリューションを披露します。ACCESSブース(ブース番号:93)では、PayTVやVoD(Video on Demand)、ライブ放送などのプレミアムコンテンツ(有料)の配信に不可欠な、高品質のセキュリティを可能とするソリューションのデモを予定しています。

また、事業者によるACCESSソリューションの活用事例もご覧いただけます。例えば、DLNA(Digital Living Network Alliance)(※1)機能を実装して、TVやセットトップボックス(STB)、スマートフォンやタブレット端末とHTML5に準拠したWebKitベースのブラウザを組み合わせることで、次のような機能を実現しています。
●スマートフォンを活用して、TVを視聴する際のリモートコントロールを実現
●スマートフォンやタブレットにより屋内外で、家庭で録画したTV番組などのコンテンツを視聴
●スマートフォン内の動画を家庭のテレビスクリーン上で再生
●第2のTVとしてスマートフォンやタブレットを活用し、家庭用Wi-Fiを通じてTV番組を再生

ACCESSは世界各国の主要な放送・通信機器関連メーカに、上記の主要製品をはじめとする幅広いソリューションを提供しています。「TV Connect」では、実際の活用事例を以下のパートナー企業のブースにてご覧いただけます。


■パートナー企業のブースと概要(アルファベット順)
●Accedo(本社:スウェーデン)ブース:139
Accedoは、TV向けアプリケーションを世界各国の放送事業者に提供しています。同社のブースでは、ACCESSの「NetFront(R) Browser NX」を組み込んだAccedoのアプリケーション管理プラットフォーム「Application Sphere」のデモンストレーションを通じて、ユーザ向けに自社ブランドのアプリストアが提供できる様子をご覧いただけます。

@Press

トピックスRSS

ランキング