Manufacturing Expo 2014、タイとASEANにおける日本自動車部品メーカーの成功

@Press / 2014年3月6日 14時0分

Manufacturing Expo 2013 の様子(1)
タイ王国工業省工業振興局は、主要業界団体、技術供与企業、展示会主催者と協力し、2014年6月19日~22日にバンコクにて、タイ最大の自動車部品製造技術展示会である「Manufacturing Expo 2014」を開催することを発表しました。またあわせて、日本の自動車部品製造業者の皆様がこの展示会で提供されるネットワークとビジネス機会を活用して、来るべきASEAN経済共同体(AEC)の資源を活用できるよう、本日、帝国ホテルにて、本展示会についての説明会を開催しました。

昨今、生産拠点の国外移転を検討する日本企業や経営者は多く、主要な移転対象先はタイを筆頭とするASEAN諸国となっています。タイ投資委員会によると、日本からタイへの投資額はここ5年で総額284.2億米ドル(およそ2兆8,420億円)となっており、この投資は主に自動車や機械、電気器具、そして電子装置分野です。タイは既にASEANにおける最大の生産拠点となっており、自動車関連企業にとっての中枢となっています。


■日本の自動車部品メーカーに、タイの潜在力と投資を拡大する利点について、駐日タイ王国特命全権大使、タナティップ・ウパシティン 閣下は以下のように述べています。
「日本とタイのパートナーシップは、東半球で最も強いパートナーシップのひとつです。ASEAN経済共同体の様々な基礎が築かれつつある中、両国の関係はさらに重要性を増しています。日本はタイの主要な貿易パートナーであると同時に、タイに直接投資をする最大の国です。タイの政府は、タイでのビジネス拡大を目指す日本の投資企業の皆様に、様々な優遇策、特典、支援を喜んでご提供して参ります。これにより、ビジネスや技術移転、人的資源開発の面で、両国にとって有益な関係をもたらすと信じています。」


■また、タイ王国工業省工業振興局裾野産業開発部の部長、パヌワット・トリヤンクンスリー 博士は以下のように語っています。
「戦略的立地、豊富な物理的・社会的資本に恵まれ、我々はここ数年でASEAN経済共同体のゲートウェイになりつつあります。日本からの主要投資企業は、タイと日本間のサプライチェーンの成長に重要性をおきつつ、タイの製造業者に多くを委託するようになってきました。タイの自動車部品業界は、自動車市場の発展と共に成長してきましたが、これから更に成長する潜在力を秘めています。ASEAN経済共同体下での自由経済発展を近い将来にひかえ、製造に関する専門知識や技術交流といった将来へ向けての協力が、両国相互の業界発展の道であることは明らかです。」

@Press

トピックスRSS

ランキング