エリジオン、3次元データ変換・活用支援ツールの新バージョン「CADdoctor EX6.0」をリリース

@Press / 2014年3月11日 15時30分

CADdoctor製品構成図
株式会社エリジオン(所在地:静岡県浜松市、代表取締役社長:小寺 敏正)は、3次元データ変換・活用支援ツールである「CADdoctor」の新バージョン「CADdoctor EX6.0」を、2014年3月12日に発売いたします。

■ プレスリリース
http://www.elysium.co.jp/newsarchive/product/20140312-1200.php
■ 「CADdoctor」について
http://www.elysium.co.jp/productinfo/caddoctor/


CADdoctor EX6.0(以下、EX6.0)では、ポリゴンデータからCADデータを作成するリバースエンジニアリング機能を大幅に改善し、既存のソフトウェアが到達できなかった高品質と自動化の両立を達成しました。刷新された処理エンジンにより自動作成されるCADデータは高品質で使い勝手がよく、リバースエンジニアリング機能活用の幅が大きく広がります。EX6.0のリバースエンジニアリング機能では、ポリゴンデータから部位ごとの面特性を自動で認識し精密な領域分割を行うことで、CADでモデリングしたような面構成を実現するとともに、抽出したフェースを連続的につなぐことで、フェース間の連続性が保たれた高品質なCADデータを自動作成します。
またEX6.0では、ソリッドモデルから解析用の中立面データを作成する「中立面オプション」を追加しました。ボスやリブが複雑にモデリングされた設計モデルであっても、面抜けや離れのない高品質な中立面を自動で作成することが可能です。中立面データの作成を短時間で行うことで、設計と解析のサイクルを円滑に回すことが可能になります。さらに、自動作成機能だけでなく、中立面編集用の専用モデリング機能も備えているため、たとえ自動中立面作成で意図通りの結果が得られなかった場合でも、簡単に中立面を修正することができます。

現在、製造業では3Dデータの活用が進み、多くの人が3D CADを用いるようになりました。また、3次元測定器の普及により、実物を測定した結果の点群データやポリゴンデータが活用される機会も増えています。3D CADデータや測定データを部門間や他社との協業で活用する際には、使用するCADシステムへの変換に加え、利用用途に応じたデータの最適化などのデータ整備が必要です。
市場競争の激化により、リードタイム短縮、コスト減がますます求められる昨今では、このようなデータ整備作業を確実かつ効率的に行うことが求められています。こうした市場背景を踏まえ、CADdoctor EX6.0では、基本機能であるデータ変換の変換速度を大幅に改善し、より短時間で確実なデータ変換を行えるようになりました。また、新たなCADインターフェースとして、CADmeisterのデータ入出力に対応しました。
データ最適化機能としては、リバースエンジニアリング機能の自動作成機能を大幅に改善することで、ポリゴンデータからこれまで以上に高品質なCADデータを作成できるようになりました。作成したCADデータは、設計の参照用や解析等、様々な用途に使うことができます。また、中立面オプションの追加により、ソリッドモデルからの解析用中立面データ作成を短時間で効率的に行うことができるようになります。
CADdoctor EX6.0は、データ変換と各種データ最適化の自動機能を強化することで、3D CADデータ、測定データの短時間かつ低コストでの活用を支援します。

@Press

トピックスRSS

ランキング