コーヒー刷新第1弾豆と焙煎方法を見直した新ブレンド。『1日に何杯でも飲みたくなる味!』全店発売から4年半。2014年、ミニストップはコーヒーを進化させます。

@Press / 2014年3月7日 15時30分

コーヒーリニューアル
 ミニストップ株式会社(本部:千葉県千葉市 代表取締役社長:宮下 直行、以下:ミニストップ)は、2014年3月、ミニストップオリジナルコーヒー「M’s STYLE COFFEE」を、『1日に何杯でも飲みたくなる味』を目指したコーヒーへ刷新いたします。

 2009年10月、コンビニエンスストアとして初めて全店で淹れたてコーヒーの導入を開始してから4年半が経過しました。導入当初と比べ、お客さまの嗜好の変化に加え、コンビニエンスストアの利用シーンも変化してまいりました。そこで2014年は、あらゆる客層のニーズに応えるため、コーヒーの刷新を図ってまいります。

 第1弾となる今回は、豆と焙煎方法を見直します。
 従来は、主に男性をターゲットとしておりましたが、今回は新たに女性も加え、後味がすっきりとした味を目指して開発を重ねました。飲みやすさだけでなく、ひと口目に感じる苦味と酸味のバランスや中盤のコクにもこだわり、すっきりとした後味のコーヒーに仕上げました。
 また今回のブレンドは、サントス商工会議所で認定されたコーヒー鑑定士(Classificador de Cafe)が監修し、選び抜いたアラビカ豆だけを使用しております。
 ホットコーヒー、アイスコーヒーともに豆の産地・種類を見直すとともに、アイスコーヒー Sサイズ(100円:税込み)を新たに商品ラインアップに加えました。

 2014年3月3日(月)より地域ごとに順次リニューアルを開始し、2014年3月24日(月)に、国内のミニストップ店(2014年1月末現在:2,216店)※にて切り替えを完了いたします。
※高速道路店舗では、フェアトレードコーヒーを販売。

《地域ごとの切り替えタイミング》
○関東・東海:2014年3月3日(月)~2014年3月10日(月)
○南東北・近畿:2014年3月10日(月)~2014年3月17日(月)
○北東北・四国:2014年3月17日(月)~2014年3月24日(月)
 ※北東北:青森・岩手  南東北:宮城・福島

《商品情報》
使用している豆と特長:ホットコーヒー、アイスコーヒーそれぞれにあう豆をブレンドしました。

☆後味すっきりの新ブレンド☆
 サントス商工会議所で認定されたコーヒー鑑定士が監修し、選び抜いたアラビカ豆だけを使用してブレンド。

☆香り高い新ロースト☆
 じっくり焙煎することで豆の芯まで火を通し、香り高くコクのある味わいに仕上げました。

〔商品名〕 ホットコーヒー
〔価格〕   レギュラー:150円、Sサイズ:100円 (ともに税込み)
中米を中心にそれぞれ個性の違う5種類の豆を選びました。苦味とほどよい酸味のあるバランスのよいブレンドで、中盤のコクと後味のスッキリ感を両立させた味わいです。

〔商品名〕 アイスコーヒー
〔価格〕   レギュラー:150円、Sサイズ:100円 (ともに税込み)
アフリカ・南米・中米の各生産国から、それぞれ個性の違う4種類の豆をブレンド。しっかりとした苦味の中に、ほのかな酸味がある後味スッキリとした味わいです。

※2014年4月1日以降も同価格にて販売いたします。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

コーヒー購入からの流れ付きコーヒー豆産地一覧ホットコーヒー

@Press

トピックスRSS

ランキング