電子書籍配信の「ソク読み」限定 『3.11 震災の語り部 畠山卓也 ~石巻からの声~』3月11日より期間限定で半額割引

@Press / 2014年3月11日 10時30分

表紙イメージ
 電子書籍配信サイト「ソク読み」を運営するデジタルカタパルト株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:大澤春雄)は、3月11日(火)より『3.11 震災の語り部 畠山卓也 ~石巻からの声~』(作画:阿部国之/監修:畠山卓也/構成:飯太郎)の半額割引販売を開始します。

「ソク読み」 : http://sokuyomi.jp/
作品販売ページ: http://sokuyomi.jp/product/santenitii_003/CO/1/


 本作品は、東日本大震災で被害の大きかった石巻で、体育館が避難所になった中学校の校長を主人公とし、震災から定年退職するまでの2年間を、石巻出身の漫画家が描いたドキュメンタリーマンガです。

 多くの方々に本作品に触れていただく機会をご提供し、震災の風化を止め、未被災の方々に防災・減災意識を持っていただくきっかけにしていただきたく、ソク読み限定で半額割引を行います。

 この半額割引販売は、3月11日(火)から3月31日(月)の期間限定で実施します。



■作品情報
作品名 :『3.11 震災の語り部 畠山卓也 ~石巻からの声~』
作者名 :作画:阿部国之 / 監修:畠山卓也 / 構成:飯太郎
出版社名:株式会社少年画報社

『3.11 震災の語り部 畠山卓也 ~石巻からの声~』 表紙イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/44134/img_44134_1.jpg
(C)Kuniyuki Abe Takuya Hatakeyama Iidarou / 少年画報社

ストーリー:
東日本大震災で一番被害の大きかった石巻。
体育館が避難所になった中学校校長は、自らも被災していながら地域住民や生徒たちのために、様々なボランティアやNPOに声をかけ、炊き出しやライブイベントを幾度も開催した。
定年間近の最後のボランティアコーディネイト。
それは、仮設住民やボランティアたちが2年間の感謝を込めた「校長先生の卒業式」だった。

 石巻出身の漫画家「阿部国之氏」が故郷の復興を願い描き、「来て 見て 伝えて」と語る「畠山卓也氏」の思いをこの一冊に込め、石巻の情報や「石巻住民の生の声」も掲載しました。

作品販売ページ: http://sokuyomi.jp/product/santenitii_003/CO/1/


■「ソク読み」の特長
 コミックを中心にストリーミング配信による高画質な電子書籍配信サービスを2006年から展開する老舗の電子書籍販売サイトです。Windows / Macパソコン、Androidスマートフォン・各種タブレット、iPhone / iPad / iPod touchとマルチデバイスに対応しています。また、女性ユーザが全体の85%を超えており、男性ユーザ中心の電子書籍販売サイトが多い中、非常に特長ある存在として、業界内でも注目されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング