合併に関するお知らせ

@Press / 2014年3月11日 12時30分

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 私ども仰星監査法人と明和監査法人は、平成26年7月1日に合併することで合意し、平成26年3月10日に合併契約を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。


<合併後の法人名称・住所>
名称:仰星監査法人
住所:東京都千代田区九段南3丁目3番6号 麹町ビル2階


<両法人の沿革・規模>
・仰星監査法人
 平成2年9月設立の北斗監査法人が、平成5年7月設立の東京赤坂監査法人と平成11年10月に合併して東京北斗監査法人に名称変更した後、昭和59年11月設立(昭和27年創業)の監査法人芹沢会計事務所と平成18年10月に合併して現在の仰星監査法人に名称変更をいたしました。さらに、平成23年7月に昭和62年6月設立の明澄監査法人と合併し、現在に至っております。
(平成26年1月31日現在)
人員: 177名(内、公認会計士:118名)、クライアント数:上場会社37社を含む150社
拠点: 東京事務所(本部)、大阪事務所、名古屋事務所、北陸事務所、札幌オフィス、福岡オフィス
URL : http://www.gyosei-grp.or.jp/

・明和監査法人
 昭和50年7月設立(昭和42年創業)し、独立の監査法人として現在に至っております。
(平成26年1月31日現在)
人員: 19名(内、公認会計士:17名)、クライアント数:上場会社8社を含む29社
拠点: 東京
URL : http://www.meiwa.or.jp/


<合併の目的>
 近年の企業会計、会計監査を取巻く環境は取引の複雑化、コンプライアンスに対する社会の関心の高まりを受け、厳しさが増しております。仰星監査法人と明和監査法人は、適正な監査の実施とクライアントの発展の両立を理念として運営してきましたが、今後より一層進むと考えられる企業会計、会計監査の環境変化の中で、経営基盤の強化と監査業務等の各種サービスの更なるレベルアップを図りつつ、日本生まれ日本育ちの監査法人として、日本の文化や商慣習を念頭に置いた業務の実施を理念とする監査業務を実践し発展させることを目的として合併することになりました。


<合併後の組織・監査体制>
 合併後の法人は、被監査クライアント数約180社、人員約200名の組織となりますが、最大でなく最強を目指すという理念のもと、より競争力のある組織体質を追及して、高品質なクライアントサービスを提供いたします。我々は、大手監査法人のAlternativeとして存在感を示し、寡占化された公認会計士業界に一石を投じ、日本経済の発展に貢献する所存です。


 私どもは、これからもクライアントの皆様から信頼されるパートナーであるよう総力を結集していく所存でございます。皆様のご理解、ご高承を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング