ハーバードチャレンジ、人生が変わる7週間。 国内初、ハーバード大学での語学研修を開始

@Press / 2014年3月12日 9時30分

名古屋商科大学 ハーバードチャレンジ2014
名古屋商科大学は、国内の大学として初めて大学生を対象にした、ハーバード大学での語学研修を開始します。
参加希望者には、海外留学に関する基礎知識以外に、語学力に応じて名古屋商科大学で開講される英語によるビジネス講義の履修など派遣前研修(年間43科目開講)を実施。修了者への単位認定(最大12単位を予定)など、卒業時期を気にする事なく海外留学にチャレンジ可能な体制を整えています。

詳細情報URL: http://goo.gl/4HoZaR


■参加者の語学力に合わせたレベル別研修
ハーバードチャレンジの実施期間は6月下旬から8月上旬の7週間。参加者はボストンにあるハーバード大学キャンパス構内の学生寮に滞在し(食事も提供されます)、多国籍な仲間とともに学習することになります。授業レベルは「Beginning」から「High Advanced」の5段階で構成され、参加者の語学レベルに応じて安心して学修を進めることができます。ハーバード大学の授業は月曜から金曜に実施され、実践的な英語力を習得するプログラムに参加。教室以外でもキャンパスを離れたカルチャー講義などコンテンツは多岐にわたります。


■ハーバードチャレンジ、4つの魅力
●教育・政治・環境・文学等、幅広いトピックで学ぶ実践的な英語学修。
●個人でなくクラスメイトや教員と共に学ぶ、アクティブな学修スタイル。
●学びの場は教室の外にも。アメリカならではの自由な学修環境。
●毎週金曜はハーバード大学教授陣の講義に参加。質疑応答の機会も提供。


■ハーバードチャレンジの目標
多国籍な仲間と学ぶ7週間は、単なる語学力向上のみならず、言語、地域、文化に関する多様性の理解と相互理解を深め、自らの価値観を見つめ直す機会となります。名古屋商科大学はこのハーバードチャレンジを通じて、単なる知識修得ではなく「将来どのような自分になりたいのか」という姿勢(Attitude)をより明確に持つビジネスリーダーの育成を目指します。

スマホじゃ世界は味わえない。
人生が変わるハーバードでの夏、名古屋商科大学が提供します。


■名古屋商科大学について
1953年の開学以来、一貫して実践的なビジネス教育を展開。国内初となる複数の国際認証の取得に成功し、現在は4学部8学科2研究科で質の高いビジネス教育を追求。世界中に42カ国88校の提携校を構築し、交換留学や国際ボランティアを積極的に実施。ビジネススクール(社会人大学院)においては、HBS、MIT、IMDなど世界のトップビジネススクールへの短期留学支援を行う国内唯一のMBAプログラムを有し、ビジネス教育に関する世界的なランキングである「Eduniversal Best Masters Ranking worldwide 2013-2014」においては、国内で初となるアジア第1位にランクイン。

http://www.nucba.ac.jp/ (名古屋商科大学)
http://mba.nucba.ac.jp/ (名古屋商科大学大学院)

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ハーバード大学キャンパス

@Press

トピックスRSS

ランキング