DEEが米iCAT社のハイレゾ、4K対応ハイクオリティー メディアサーバーを発売

@Press / 2014年3月13日 10時30分

製品画像1
株式会社DEE iCAT事業部(所在地:奈良県橿原市、代表取締役:前川 昌秀)は、米iCAT社の高画質・高音質・高機能のAVクラウド・メディアサーバー「iCAT AVCloudシリーズ」の国内販売を2014年3月13日より開始しました。

「iCAT AVC-Ex、Cxシリーズ」iCAT AVCloud Media Server
http://i-cat.biz/avc.html

●64bit Tuned Real Time OS(MsHD/Pro)を搭載し、メディアサーバーの音質および動画性能を最大限向上させました
●DSD5.6やFLAC、PCMなどHigh Resolutionに対応した高音質DLNAサーバー、iTunesサーバー、webサーバーなどサーバー機能を搭載
●高音質、高精度リッピングの実現とPCレスでのデジタルトランスポーター機能の提供
●4Kビデオ、高解像度、ハイレゾ時代の大容量データーの同時アクセスに対応した業務サーバーの性能
●デジタルサイネージなどのコンテンツ連続再生にも対応した業務レベルの安定性と信頼性の提供
●静音・省電力の実現


型名 (JANコード):
AVC E5-4K Pro (4562430950080) 受注生産 SSD容量指定可
AVC E5-4K   (4562430950097)
AVC C3-HD   (4562430950158)
AVC C1-AF   (4562430950165)

発売日  :2014年3月13日
価格   :オープン価格


<主な特長:AVC E5-4K Pro>
音楽用に開発されたOS、iCAT MsHD(Music System High Definition)はLinux Server OSをベースにReal Time化およびハードウェア、ソフトウェアのシステム全体のチューニングを施すことで音質と映像品質を追求しました。OSのタスク処理に関する時間軸におけるハイレゾ化とも言えるソフトウェア・リアルタイム・オーディオ処理と音楽、アニメなど、グラフィックス・アクセスをハードウェア・リアルタイム制御することにより、負荷の大きな非圧縮ハイレゾ音源などを、透明感のある分解能の高い歪のないピュアな音楽データーや高画質の映像配信を実現しました。この繊細なシステムとハイレゾ非圧縮PCM音源やDSD音源を用いることで、可聴周波数を大きく超えた高音域を重視するユーザー層にも応じます。

@Press

トピックスRSS

ランキング