DEEが米iCAT社のハイレゾ、4K対応ハイクオリティー メディアサーバーを発売

@Press / 2014年3月13日 10時30分

製品画像1
株式会社DEE iCAT事業部(所在地:奈良県橿原市、代表取締役:前川 昌秀)は、米iCAT社の高画質・高音質・高機能のAVクラウド・メディアサーバー「iCAT AVCloudシリーズ」の国内販売を2014年3月13日より開始しました。

「iCAT AVC-Ex、Cxシリーズ」iCAT AVCloud Media Server
http://i-cat.biz/avc.html

●64bit Tuned Real Time OS(MsHD/Pro)を搭載し、メディアサーバーの音質および動画性能を最大限向上させました
●DSD5.6やFLAC、PCMなどHigh Resolutionに対応した高音質DLNAサーバー、iTunesサーバー、webサーバーなどサーバー機能を搭載
●高音質、高精度リッピングの実現とPCレスでのデジタルトランスポーター機能の提供
●4Kビデオ、高解像度、ハイレゾ時代の大容量データーの同時アクセスに対応した業務サーバーの性能
●デジタルサイネージなどのコンテンツ連続再生にも対応した業務レベルの安定性と信頼性の提供
●静音・省電力の実現


型名 (JANコード):
AVC E5-4K Pro (4562430950080) 受注生産 SSD容量指定可
AVC E5-4K   (4562430950097)
AVC C3-HD   (4562430950158)
AVC C1-AF   (4562430950165)

発売日  :2014年3月13日
価格   :オープン価格


<主な特長:AVC E5-4K Pro>
音楽用に開発されたOS、iCAT MsHD(Music System High Definition)はLinux Server OSをベースにReal Time化およびハードウェア、ソフトウェアのシステム全体のチューニングを施すことで音質と映像品質を追求しました。OSのタスク処理に関する時間軸におけるハイレゾ化とも言えるソフトウェア・リアルタイム・オーディオ処理と音楽、アニメなど、グラフィックス・アクセスをハードウェア・リアルタイム制御することにより、負荷の大きな非圧縮ハイレゾ音源などを、透明感のある分解能の高い歪のないピュアな音楽データーや高画質の映像配信を実現しました。この繊細なシステムとハイレゾ非圧縮PCM音源やDSD音源を用いることで、可聴周波数を大きく超えた高音域を重視するユーザー層にも応じます。

AVC E5-4K Proは、一般Windows PCと比較し高精度かつ高音質にCDからのリッピングが可能です。またリッピングされた音楽データーは即座にデーターベースに登録されDLNA配信が可能です。PCでリッピングし、その後NASにファイルを転送するといった手間もかかりません。

DLNA(UPnP)、DAAP(iTunes)、SMB(CIFS)、NFSなどのネットワーク接続以外に、PCレスでアナログ(RCA)、デジタル(HDMI(1.4a)、DISPLAYPORT(1.2))によるオーディオアンプとの直接接続、サイネージディスプレイ、4K対応TVとの接続(3840 × 2160@60Hz(DP),1920 × 1200@60Hz(HDMI))やDAC内蔵アンプとのUSBを用いた接続にも対応しています。

CD/DVDなどのオプティカルメディア、USBハードディスクやメモリー、ネットワーク音楽配信や動画配信など多彩なコンテンツをプレイヤーとして再生する事が可能で、CDやHDDの音楽データーをオーバーサンプリングしての再生するデジタルトランスポーターとしても利用できます。

4K対応ビデオ、デジタルカメラ、スマートフォンなどの登場により、より身近になった4Kコンテンツのライブラリーの構築や配信が可能で、4K 60fpsの重い動画ファイルの複数同時配信にも対応し、動画のプレイヤー能力としては、高ビットレートのMP4 60Mbpsのローカル連続再生なども可能です。HEVC(H.265)やVP9、MP4、H.264/AVC、DivX,MP2など多彩なフォーマットにサーバーとして対応しています。

ハイエンドデジタルカメラの高精細・高解像度の写真の配信、再生にも最適でデジタル写真ライブラリーの構築、デジタル写真展など業務用途にもご利用いただけます。

webサーバー機能を搭載しており、サーバー内の音楽、動画、静止画と連動したサイトの構築が可能です。


<主な特長:AVC C3-HD >
AVC E3-HDは、AVC E5-4K Proの基本をそのままに、光学ドライブ、4K出力、アナログ出力などアンプとのダイレクト接続の機能を割愛したメディアサーバー利用を主目的としたコンパクトモデルです。
* USB接続でのCD/DVDドライブの接続は可能です。


<主な特長:AVC C1-AF>
AVC E1-AFのAFはAdditional Featureを意味し、お手持ちの増設用USBハードディスク/SSDを接続することで、高音質DLNAサーバー、DAAPサーバーとして利用することが可能なメディアサーバー・エンジンです。同時アクセス数はHDD性能が関与しますが20台程度となります。
* DLNAの接続は全ての再生機器を保証するものではありません。
* DLNA対応機器側での再生可能ファイルフォーマットはその機器の仕様に依存します。
* 本機単独ではDSDは再生できません。


<AVCloud シリーズの仕様>
■E5-4K Pro[429×45(58)×200mm,3.5Kg]
CPU       :Intel Core i5-4250U
メモリ     :8GB
SSD(system),HDD :SSD 128GB or 480GB , SSD 128GB or 480GB
Drive      :BD
         USB3.0 × 3
         USB2.0 × 1
         miniDP × 1
         miniHDMI × 1
         RCA Analog L/R
         LAN 10/100/1000

■E5-4K
CPU       :Intel Core i5-4250U
メモリ     :4GB
SSD(system),HDD :SSD 64GB , HDD 1TB
Drive      :BD
         USB3.0 × 3
         USB2.0 × 1
         miniDP × 1
         miniHDMI × 1
         RCA Analog L/R
         LAN 10 /100/1000

■C3-HD[140×50(65)×200mm,1.5Kg]
CPU       :Intel Core i3-3217U
メモリ     :4GB
SSD(system),HDD :SSD 64GB , HDD 1TB
Drive      :-
         USB2.0 × 3
         HDMI × 2
         LAN 10/100/1000

■C1-AF[140×50(56)×200mm,1.2Kg]
CPU       :Intel Celeron 847
メモリ     :4GB
SSD(system),HDD :SSD 64GB
Drive      :-
         USB2.0 × 3
         HDMI × 2
         LAN 10/100/1000


[対応ファイル]
音楽ファイル:
  WAV,MP3,FLAC,DSD(DFF,DSF),AAC,3GP,OGA,OGG,MLP,AXA,MLP
動画ファイル:
  MPEG,MPEG2,MPEG4,MOV TS,M2V,MTS,RM,VRO,VOB,M4V,OGV,WEBM,QT,
  3GP,3G2,MKV,MKA,RMVM,RV,OGV,OGM,AXV
画像ファイル:
  JPEG,GIF,PNG

[消費電力]
■E5-4K
アイドル時:5W
CPU負荷  :16W
最大負荷 :29W

■C3-HD
アイドル時:9W
CPU負荷  :24W
最大負荷 :39W


<AVCloud シリーズ情報>
http://i-cat.biz/avc.html


<市場推定価格>
オープンプライス 市場推定価格 C1-AF 12万~(税別)
※「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。

<関連情報>
http://www.digital-ee.com/
http://www.icat-inc.com/
https://www.facebook.com/iCAT.Inc

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

E5モデル筐体C3モデル筐体シリーズロゴ

@Press

トピックスRSS

ランキング