世界初!口コミの“感情”を数値化する映画ランキングサイト「春を感じられる映画ランキング」映画ベスト5を発表!

@Press / 2014年3月13日 11時0分

「きもちなび」映画ランキングサイト
ウレシア株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表者:代表取締役社長 山本 彰祐)は、インターネット上の160,000を超えるクチコミに書かれた“気持ち”を言語解析してランキングした映画サイト「きもちなび」( http://www.kimochi-navi.jp )にて、「春を感じられる映画ランキング」のランキングを発表しました。

「春を感じられる映画ランキング」公式サイト
http://kimochi-navi.jp/rankings/ex_results/spring


■「春を感じられる」映画ランキングベスト5!
本ランキングは、インターネット上の160,000を超えるクチコミに書かれた「春を感じられる」という“気持ち”を言語解析して「点数化」(数値化)したものです。

「春を感じられる」映画ランキング ベスト5!(2014年3月10日集計)

<第1位>
映画タイトル:細雪
「春」の点数:3.49
映画の解説 :
昭和13年春、芦屋。旧家・蒔岡の四姉妹が花見の宴で一堂に会した。長女・鶴子と次女・幸子は、まだ未婚の妹・雪子と妙子の結婚を気遣う毎日。雪子の新しい縁談もあっけなくまとまり、姉妹は散りぢりとなっていく。全編に渡る季節感たっぷりの背景が美しい。

<第2位>
映画タイトル:四月物語
「春」の点数:3.18
映画の解説 :
岩井俊二監督が、松たか子主演で、上京したばかりの女子学生の日常を優しく瑞々しいタッチで描いた映画。桜の花びら舞う4月、大学進学のため、生まれ故郷の北海道・旭川を離れて東京でひとり暮らしを始めた楡野卯月。彼女にとっては毎日が新鮮な驚きであり、冒険だった。

<第3位>
映画タイトル:旅立ちの時
「春」の点数:2.46
映画の解説 :
指名手配中の両親を持つ少年が、やがて親の手を離れ自立するまでの姿を描いたヒューマンドラマ。指名手配された両親と共に、名を変え各地を転々と逃亡生活を送る少年。彼は音楽教師に才能を認められ、その娘と恋に落ちる。そんな折、両親のかつての同志が銀行強盗で逮捕される。

<第4位>
映画タイトル:花のあと
「春」の点数:2.43
映画の解説 :
江戸時代の東北を舞台に、ひそかに思いを寄せていた武士が自害したことを知り、その原因となった相手に敵討ちを果たそうとする女性の姿を描く。端正な桜のシーンで始まり、桜のシーンで閉じるこの映画は“見かけによらず”冒険的な快作となっている。

<第5位>
映画タイトル:山桜
「春」の点数:2.33
映画の解説 :
江戸後期、不幸な結婚生活に耐える野江は、ある日、1本の山桜を見つける。花に手を伸ばすと1人の武士が現れるが、彼は野江が今の婚家に嫁ぐ前に縁談を申し込んできた相手、手塚だった。手塚は悪政をたくらむ藩の重臣を斬ってしまう。再び春になり、野江は山桜の枝を手に手塚の家を訪れる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング