育て上げネットと第二新卒ナビが協働、参加費無料・交通費支給の就職サポート 「奨学金学生のためのオーダーメイド就活 説明会」を3月17日・18日に開催

@Press / 2014年3月12日 16時0分

大学生の奨学金受給率
特定非営利活動法人育て上げネット(所在地:東京都立川市、理事長:工藤 啓)は、「第二新卒ナビ」を運営する株式会社UZUZ(所在地:東京都新宿、代表取締役社長:今村 邦之)と協働し、奨学金返済が必要な未内定学生および27歳までの既卒者(大学・専門学校)を対象とした就職支援プロジェクト、「オーダーメイド就活」を実施しています。つきましては説明会を3月17日(月)・18日(火)に立川と新宿にて開催します。

「オーダーメイド就活」
http://www.sodateage.net/ordermade_recruiting/


●公的支援だけでは経済的に厳しい状況にある奨学金学生を支援しきれない
政府(文部科学省・厚生労働省・経済産業省)も「未内定就活生への集中支援2014」としてこのままでは新卒未内定となってしまう若者への支援に取り組み、既卒者支援について様々な公的支援を展開していますが、一人暮らししながら仕送りがアテにできず、奨学金とアルバイト収入を糧に学生生活を送っているような経済的に厳しい状況にある若者であればあるほど、こうした支援は利用しにくい実情があります。これは、(1) 公共サービスが利用できる時間に生活のためにアルバイトをしていると利用できない、(2) 経済的に厳しい若者は、就職イベントに参加する交通費を捻出することをためらってしまうからです。
そこで本プロジェクトは、(1) 対象者の都合に合わせた丁寧な個別キャリアカウンセリング、(2) 奨学金学生にはキャリアカウンセリングを受けるための交通費を支給するという形で、経済的な理由で支援を受ける機会が失われることのないようにサービスを提供しています。


●交通費支給、仲間づくりと、丁寧な就職活動サポート
本プロジェクトは、支援対象が経済的に厳しい学生であり、かつ、同級生や友人が内定を獲得する中で「自分だけが未内定である」ことによって孤立感を深め、相談相手を失っていくような状況に置かれています。そのため、下記2点を大きな特徴としています。
(1) 就職に関する相談に来所するための交通費を支給
(2) 同じ境遇の仲間と励まし合いながら就職活動を進める環境づくりをサポート
企業とのマッチングについても、1人あたり平均20時間をかけて対応するという「第二新卒ナビ」のノウハウによって、1人ひとりに合った求人をご紹介することが可能です。


●大学生の2人に1人が奨学金を受けている
2010年度「学生生活調査」(独立行政法人日本学生支援機構)によると、2人に1人の大学生が奨学金を受けています。その奨学金の大半は給付ではなく貸与型のため、例えば毎月12万円を4年間借り続けた大学生は800万円の借金を抱えて社会に出ることになり、月3万5千円を20年間かけて返済することになります。
また、10人に1人の学生が奨学金返済の見通しが立たないまま卒業しています(※)。

@Press

トピックスRSS

ランキング