肌への影響を心配する声多数 「肌への負担が少ないもの」「自然派由来コスメ」への需要も メイクをつけている時間、8割以上の女性が「思ったより長い!」

@Press / 2014年3月20日 15時0分

グラフ1
ナチュラピュリファイ研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:堀江 聡寧)はこのたび、「メイクと肌の負担に関する意識調査」を実施しましたので、その結果を発表いたします。現代女性にとって、メイクはもはや不可欠なもの。今回当研究所では、そんなイマドキ女性のメイクの実態について、調査を実施いたしました。


<注目ポイント>
1.平日メイク時間、99%以上の女性が「10時間以上」
2.残業時間が長い人ほど「肌への影響が気になる」
3.化粧品は「肌の不安の少ないものを選びたい」88.2%
4.ベースメイク、恋人・パートナーがいる間はしっかりつけるが、
  結婚すると…
5.メイク直しは半分以上が「しない」
6.必ずメイクをするのは「仕事関係の人に会う時」83.1%


【1.平日メイク時間は平均14時間、99%以上の女性が「10時間以上」】
女性にとって、メイクをしている時間の「長さ」は大切なファクター。あまりに長いと、お肌の状態が気になってしまうかもしれません。そこで平日と休日に分けて「メイクをつけている時間」を聞いてみました。

多くの人が仕事をしている平日では、普段の日は20代、30代ともに「14時間」という回答が平均となっています。帰りが遅い日はさらに長くなり、20代で「16時間」、30代で「17時間」が平均。寝ている時間が7~8時間だとすると、起きている時間のほとんどが「メイクをつけている状態」であることがわかります。全体を見ても、99.4%の女性が「10時間以上」と答えており、当然のことながら、女性にとってメイクは非常に身近なものと言えそうです。
逆にオフ(休日)の日はその時間が短くなり、平均は「10時間」となっています。最も多かった回答は「11時間」で14.9%。さらに半分以上(53.9%)の人が「10時間以上」と回答しています。外に出ている時間が休日より短いのかもしれませんが、それでも女性は、メイクをして1日の半分弱を過ごしていることになります。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/44251/img_44251_1.jpg


【2.残業時間が長い人ほど「肌への影響が気になる」】
自分でメイクしている時間を振り返ってみて、女性たちはどのような感想を持つのでしょうか。「ご自身のメイクをつけている時間をご覧になって、どう思いますか?」と質問すると、82.3%の人が「思っているより長い」と回答しています。これは残業をしない人も同じで、残業しない人で75.1%、月に2~3日残業をする人で74.3%が「自分が思っていたよりもメイクの時間が長い」と回答しています。つけている時間の長さに改めて気づいて、コスメに対する意識を高める必要を感じる、という声も聞かれました。

@Press

トピックスRSS

ランキング