ACCESS、電波送信間隔を柔軟に設定できる機能と電池交換時期の通知機能を強化したBeaconを提供開始

@Press / 2014年3月14日 11時0分

「ACCESS(TM)Beacon Framework」コンセプト図 Beaconサービスがすぐに開始できる「トータルフレームワーク」を提供
株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、同社の提供するBeacon(ビーコン)(※1)モジュール(ケース付き・日本製)(※2)に、サービス事業者の管理者が電波送信の間隔を0.1秒単位の細かさで自由に設定できる機能、並びに電池交換時期の通知機能を強化し、バージョン(v)1.1として、本年3月20日より、提供開始いたします。

ACCESSは、Beaconハードウェアから、スマートフォン向けアプリケーション、クラウドサーバーまでをワンストップで提供するBeaconサービスのトータルフレームワーク「ACCESS(TM) Beacon Framework(ABF)」(iBeacon(TM)対応)を開発し、現在、商用版に先立ち、評価キットを提供していますが、このうち、Beaconの機能を強化しました。

v1.1では、利用用途によって管理者側で電波送信頻度を0.1秒きざみの細かさで柔軟に設定できる機能を拡張しました。電波送信の間隔が短くなるほど、Beaconに内蔵された電池は消費されますが、スマートフォンの位置情報取得の確度を向上させることができます。早足で移動する通行人なども対象にした駅構内や空港などでのサービスには、より短い間隔で設定をし、比較的ゆっくり移動する来館者を対象にした美術館などではより長く設定するなど、柔軟な調整が可能になりました。

また、Beaconの電池交換時期の通知機能の追加により、管理者はスマートフォンの設定用アプリから各端末の電池交換時期を把握することができます。さらにABFをパッケージで導入すれば、スマートフォンをBeaconに近付けて一台一台確認をしなくとも、クラウドを介してPCの「Beaconサービス管理画面」から、数百個、数千個という単位のBeaconの電池交換時期を容易に確認することが出来ます。

v1.0から既に対応しておりましたBeaconの電波送信出力(強度)の設定機能に加えて、この度新たに強化された電波送信頻度の設定機能および電池交換時期の通知機能を活用することにより、管理者は、狭いエリアに多数のBeaconが設置され、混雑の予想される店舗でのO2Oサービスなどでは、電波干渉を避けるために電波送信の強度を弱くし、代わりに電波送信の間隔を短くするなど、Beaconサービスの用途に合わせてきめ細かく、かつ効率よく実施することが可能になります。

@Press

トピックスRSS

ランキング