ボッテガ・ヴェネタ、ラグジュアリーブランド企業として世界で初めてLEED NC-2009でプラチナ認証を取得

@Press / 2014年3月18日 11時0分

画像
ボッテガ・ヴェネタがイタリアのモンテベッロ・ヴィチェンティーノに新設したアトリエは、環境評価制度LEED NC-2009(新築・大規模増改築)の認証を取得致しました。2013年9月に完成したこのアトリエは、イタリアの環境・文化遺産を管轄する部局が歴史的区画として保護している55,000平方メートルの土地に建てられています。


LEED (Leadership in Energy and Environmental Design) は米国の非営利組織「グリーンビルディング協会」が定めたサステナビリティと環境への配慮に関する規格を順守する建造物について、第三者による認証を与えるプログラムです。建設・建造物に関するプロジェクトのタイプや規模に応じたレーティング制度に基づき、必要条件を満たし、加点項目でポイントを得たプロジェクトに対し、いくつかのレベルに分かれた認証が与えられます。ボッテガ・ヴェネタは18世紀に建てられた大邸宅(ヴィラ・シュローダー・ダ・ポルト)を活用しつつ新しい柱列や建物を増設したアトリエを設立し、ラグジュアリーファッションブランドとしては世界で初めて、LEEDの新築・大規模増改築部門で最高レベルのプラチナ認証を取得しました。


18世紀からあるヴィラを改築するにあたっては既存の建築構造に特に注意を払い、元々使われていた資材の75%以上を再利用しました。また、建築資材についても同様のアプローチをとり、新たに使うものについては現地に可能な限り近いところから調達したほか、木材は森林管理協議会のFSC認証を得たもののみを使用、廃棄物についても細かく分別しました。さらに設計から施行までの工程は、ボッテガ・ヴェネタが2010年に取得した国際標準化機構(ISO)の14001認証による環境マネジメントシステムの手続きに従っています。


また、ヴィラ周辺の土地の緑化に際しては既存の植生を尊重し、認定を得た資材や植物のみを使用しました。こうして作られた緑地は、ボッテガ・ヴェネタの従業員が享受する数々のメリットの一つに過ぎません。快適な職場環境を確保するため、騒音を遮る仕組みを作り、また、共用スペースから十分に離れたところに喫煙エリアを設けるほか、自転車通勤を推進するため特別な駐輪場所も設定しました。今回のプロジェクトでは環境への配慮が重要なポイントとなっており、水や人工照明の使用を制限し、全体のエネルギー使用量を抑制するといった取り組みもなされています。この点に関しては、1,200平方メートルのソーラーパネルをヴィラの屋根に設置したほか、雨水をリサイクルするシステム、地熱を利用することで二酸化炭素の排出を抑える暖房・空調システムなども非常に重要な省エネ対策となっています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング