「ニッポンの温泉街」城崎温泉周辺で初開催!『城崎温泉泊覧会(城崎オンパク)』の企画と開催のご案内

@Press / 2014年3月19日 10時30分

パンフレット表紙
 このたび、兵庫県豊岡市の城崎温泉とその周辺地区(山陰但馬地方)において、5月9日(金)~6月8日(日)の1ヶ月間あまり、『城崎温泉泊覧会』を初めて開催することになりましたので、ご案内致します。

『城崎温泉泊覧会』: http://kinosaki-onpaku.jp/


■『城崎温泉泊覧会』開催の背景
 城崎温泉は、温泉発見から約1300年の歴史を誇り、古くから「但馬の湯」として知られ、関西屈指の温泉地として、発展を続けてきました。この20年来は、冬期の「カニシーズン」にお越しになる方も多く、「城崎=カニ」というイメージも定着しています。さらに近年は、海外からのお客様にも「浴衣を着ながら、外湯をめぐる」というスタイルで、典型的な日本の温泉地として親しまれています。

 しかし、国内温泉地における来街者数の減少や観光地としての温泉地の価値が減退、人口減少時代に突入するなか、城崎温泉も宿泊数や入湯者数が減少傾向にあります。温泉資源を共有し、「共存共栄の精神」を大切にするなかでも、比較的小規模の旅館が多数建ち並ぶ温泉地として、新たな生き残り策を考える必要性も出てきました。

 そこで、平成25年度に、「城崎温泉のファンづくり」を基本の考え方として、観光まちづくりの企画や事業の見直しを行ないました。その結果、温泉の魅力をさらに増し、冬期のハイシーズン以外のよい季節に、まちの資源と直接触れて頂くことで、城崎温泉とその周辺地区のファンを増やす取り組みも必要と考えるに至り、『城崎温泉泊覧会』を開催する運びとなりました。


■『城崎温泉泊覧会』概要
 1ヶ月あまりの期間中、5つのテーマに60あまりの企画が実施されます(詳細は、後述プログラム例およびウェブページを参照下さい)。どの企画も、地域の歴史・文化や自然、食物等の魅力に直接触れる魅力あるプログラムです。普段からある地域の魅力を、この期間中の特別な企画にしつらえ、多くの方々の心に残るであろうものばかりです。

 まだ城崎温泉にお泊まりになったことのない方、これまで来られた経験はあるものの、しばらくお越しになっていなかった方、さらには豊岡市をはじめ、比較的近いところにいらっしゃっても、じっくり時間を取ってお越しになったことがない方々に、城崎温泉と但馬の魅力を知って頂き、ファンになって頂ければ幸いです。

●なお、参加申込は、インターネットのホームページ(城崎オンパクのウェブサイト)か、電話にて、3月24日(月)午前10時から開始致します。
●また、報道・旅行・観光関係者向けに、開催前期間に「モニター企画(事前準備企画)」を実施します。詳しい日時や企画については、改めて事務局へお問い合わせ頂きますと幸いです。
●関西の温泉地では、類似の企画が行なわれておらず、初めての試みとなります。一人でも多くの方々にお伝えできますと幸いです。ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

@Press

トピックスRSS

ランキング