ノエビアグループは、ヒトにおいて「アルギニン」が「カフェイン」の覚醒効果を増強することを見出しました。

@Press / 2014年3月19日 11時0分

図1~図3
ノエビアグループは、覚醒効果を有する成分の研究を行っています。この度、健常成人男性を対象とした試験において、「アルギニン」が「カフェイン」の覚醒効果を増強することを明らかにしました。

この研究成果を、2014年3月27日~30日に熊本県で行われる「日本薬学会第134年会」にて発表いたします。
常盤薬品工業株式会社では、この研究成果を今後の商品開発に応用していく予定です。

【研究背景と目的】
ビジネスシーンをはじめとする24時間社会、SNSなどインターネットの浸透によるコミュニケーションの変化等から、活動時間の広がりが顕著になり、日本人の平均睡眠時間は減少傾向にあります。また、睡眠不足を原因とする日中の眠気やだるさ、集中力や作業効率低下などの睡眠障害が社会問題となっており、眠気を適切にコントロールすることが求められています。このような社会背景のもと、当社では覚醒効果のある製品の開発と研究を進めてきました。
一方、覚醒効果については、動物試験において「アルギニン」の「カフェイン」に対する覚醒効果増強作用が報告されています(引用文献*A)。本研究では、日中の眠気の改善について「アルギニン」と「カフェイン」を含む機能性飲料のヒトへの作用効果を検証しました。

【研究方法】
健常成人男性6名を対象として試験を実施しました。試験前夜は睡眠時間を通常より15%短くし、試験飲料として、「カフェイン配合飲料」、「アルギニン配合飲料」、「カフェイン・アルギニン配合飲料」の3種を使用。3つの飲料について、それぞれ異なる日に試験を実施しました。
試験飲料の摂取前後に、脳波計、視覚探索課題ATMT(Advanced Trail Making Test) (用語説明*1) 、VAS(Visual Analogue Scale)法(用語説明*2)により覚醒状態を評価しました。

【研究成果】
1) 「カフェイン・アルギニン配合飲料」摂取後、脳波測定による閉眼時α波含有率が上昇したことがわかりました。
詳細に解析したところ、α1波・α3波(用語説明*3)は変化なく、α2波*3含有率のみ上昇しており、集中力が向上しました(図1)。 
2) 「カフェイン・アルギニン配合飲料」摂取後、ATMT*1測定によるワーキングメモリー(用語説明*4)の活用度が上昇し、作業効率が向上しました(図2)。
3) 「カフェイン配合飲料」と比較して、「カフェイン・アルギニン配合飲料」は、VAS法*2による眠気の主観評価で覚醒効果が長時間持続しました(図3)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング