従来のファイルサーバの問題を解決する「MARPLE」を3月28日より販売開始 ~ 次世代型ファイルサーバシステム構築と運用サービスを提供 ~

@Press / 2014年3月19日 11時0分

ソリューションの構成イメージ
 システム運用サービスを展開するサイバー・ソリューション株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:星田 和也、以下 CSI)は、従来のファイルサーバの容量、移行、バックアップに関わる問題を解決した、次世代型ファイルサーバソリューション「sMARt-storage PooL servicE」(呼称:MARPLE / マープル)を、2014年3月28日より販売開始いたします。

「sMARt-storage PooL servicE」
http://www.cybersolution.co.jp/trend/marple.html


 従来型のファイルサーバは、容量拡張が簡単に行えない、リプレイス時のデータ移行の作業負荷、ファイルサーバのトラブル発生による業務停止等、業務遂行に欠かせないデータが保存されているにも関わらず、業務効率を低下させる様々な問題を抱えていました。
 今回販売開始する「MARPLE」は、画像、動画、オフィス文書、CADなどのデータ量が急増する環境に柔軟に対応できる次世代型ファイルサーバシステムの構築と運用を提供する統合型ソリューションです。

 「MARPLE」で採用するファイルサーバシステムは、オフィス内に設置された「キャッシュゲートウェイ」が、ファイルサーバとして機能すると同時に、クラウド上もしくはオンプレミス型で設置された「オブジェクトストレージ」にデータを転送し、集約管理します。
 頻繁に利用されるデータは、一定期間キャッシュゲートウェイにも保存されるため、ユーザの利便性が保たれます。
 「オブジェクトストレージ」は、複数のサーバを結合させたストレージプールとして構成されているため、必要に応じた容量の拡張を容易に行え、従来のファイルサーバのリプレイスに伴う作業を不要とし、経費を大幅に削減できます。

 また、「キャッシュゲートウェイ」に障害が発生した場合も、従来のようなバックアップ環境からのデータ復旧を必要とせず「オブジェクトストレージ」に保存されたデータファイルのショートカットイメージを、「キャッシュゲートウェイ」に持ってくるだけで、迅速に復旧させることができます。
 「MARPLE」を採用することにより、サイバー・ソリューションが、IT管理者に代わって、システムの障害監視、調査、仮復旧、本復旧対応などの運用サービス提供するため、IT管理者が、ファイルサーバの障害発生時に現地に赴く必要がなく、迅速なシステム復旧、管理者の大幅負担軽減、経費節減を実現することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング