エルナー株式会社、コイン形大容量リチウムイオンキャパシタを開発

@Press / 2014年3月19日 11時30分

定格電圧3.8Vのリチウムイオンキャパシタ
エルナー株式会社は、今後更に市場の拡大が期待できる環境・エネルギー市場、車載市場に重点を置いて拡販及び新製品開発を進めております。

この方針の基、アルミ電解コンデンサ、電気二重層コンデンサに加え、新規事業として新型エネルギーデバイスの開発に取り組んでおり、今回コイン形セルとしては世界初の高耐圧となる定格電圧3.8Vのリチウムイオンキャパシタの開発に成功しました。

本製品は当社が従来から培ったコイン形セルの固有技術を生かして開発したものであり、下記の2タイプのコイン形セルに於いて同サイズの当社電気二重層コンデンサに比べてエネルギーが約3倍となる性能を得ることができました。


■開発品性能
Aタイプ
直径11.0mm×高さ1.8mm
定格電圧 3.8V-2.2V
容量 1.2F

Bタイプ
直径18.5mm×高さ2.1mm
定格電圧 3.8V-2.2V
容量 6F

特許出願:
8件を出願済み


開発したコイン形リチウムイオンキャパシタは長期の耐久性にも優れており、今後スマートメータや緊急通信網、FA機器等のバックアップ用途、更には電池を代替するエネルギー用途等へ、将来の拡販を目的とした市場開拓を行っていきます。

当社では、将来この技術により現在の電気二重層コンデンサで開発を進めている円筒形低抵抗タイプを、更に小形軽量大容量のものに進化させることで、様々な用途に応用できるものと考えております。
一例として、電池の補助として通信やアクチュエーター等のパワーアシスト電源用途、更には導入の拡大が進んでいるアイドリングストップ車、重機、エレベータ等の回生電源、スマートグリッドでの通信網の緊急バックアップ電源等の市場にも応用できると考え、今後更なる高エネルギー密度のリチウムイオンキャパシタの早期開発を目指してまいります。


■会社概要
(1)商号   : エルナー株式会社( http://www.elna.co.jp/index.html )
(2)代表者  : 代表取締役 吉田 秀俊
(3)本社所在地: 横浜市港北区新横浜3-8-11
(4)設立   : 1937年5月25日
(5)事業内容 : 電子部品の製造・販売(コンデンサ・プリント回路)
(6)株式   : 東京証券取引所市場第二部上場(コード番号:6972)

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング