デジタルサイネージのコンテンツにFacebookなどのソーシャルメディアを活用 三菱電機と時刻表情報サービスがメディアミックス配信サービスの実証実験を開始

@Press / 2014年3月27日 9時30分

コンテンツ表示イメージ
三菱電機株式会社(以下、三菱電機)と時刻表情報サービス株式会社(以下、時刻表情報サービス)は、2014年4月1日から、三菱電機本社(東京都千代田区丸の内二丁目7番3号 東京ビル)1階受付設置の大型LED映像装置「オーロラビジョン」にて、ソーシャルメディアへの投稿記事をコンテンツ化してリアルタイムにデジタルサイネージで放映する、交通事業者等向けメディアミックス配信サービスの実証実験を行います。
今回の実証実験は、三菱電機のデジタルサイネージ配信システム「MEDIAWAY(メディアウェイ)」と、時刻表情報サービスのコンテンツゲートウェイシステム「WENDY(ウェンディ)」との連携によるものです。三菱電機がFacebookに投稿した記事を、WENDYにて自動コンテンツ化し、MEDIAWAY ASP(※1)配信運用サービスを利用してリアルタイム配信することでデジタルサイネージに表示します。
両社は、実証実験においてソーシャルメディアのデジタルサイネージコンテンツとしての有用性や大画面表示装置の新たな用途の可能性などの検証を行うとともに、デジタルサイネージの利用者層の多様化に合わせて、誰もが扱えるお手軽メディアとなりつつあるソーシャルメディアと連携した情報配信サービスの提供に向けた取り組みを行っていきます。

※1:Application Service Provider

コンテンツ表示イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/44496/img_44496_1.jpg

メディアミックス配信サービス実証実験イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/44496/img_44496_2.jpg


■三菱電機 デジタルサイネージ配信システム「MEDIAWAY(メディアウェイ)」
http://www.mitsubishielectric.co.jp/visual/digital_signage/l_scale/mediaway/index.html
液晶ディスプレイから液晶マルチ大画面表示装置、大型LED映像装置オーロラビジョンなど、さまざまなタイプの表示機器をIPネットワークでつないで一括管理します。容量の大きなフルHD映像を短時間で配信するだけでなく、緊急情報、イベントなどのライブ情報もタイムリーに配信できます。

1.業界初のスケールフリー配信により、コンテンツを短時間で配信します。
2.リアルタイム配信と蓄積配信のハイブリッド映像配信で、効果的な画面表示を実現します。
3.独自の「高機能描画エンジン」搭載により、多彩な映像演出が可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング