産業とクリエイティブを融合させるための次のアクション YOKOHAMA RE:ACTION シンポジウム開催

@Press / 2014年3月20日 15時0分

FAB LAB.による試作
《『企業×クリエーター』新たな価値を生むためのマッチングプロジェクト》
横浜市では、平成25年度から、市で実績のある多くの企業と、市内に集積が進んだクリエーターとのコラボレーションをコーディネートしながら新しい事業を生み出す『ビジネス クリエイティブ マッチング』プロジェクトが始まっています。このプロジェクトは単純なマッチングサービスではなく、コーディネート・チームが間に入り調整を行うことで、従来を超えた関係性を構築し、ビジネスに新しい付加価値を生み出すと同時に、クリエーターが活躍する場の創出を目的としています。
今回『YOKOHAMA RE:ACTION』と題したシンポジウムではこれまでの成果と、今後本格的にはじまる「創造産業」「芸術不動産」という二つの軸を中心とした活動についてお伝え致します。プロジェクトの要となるコーディネーターやクリエーターが一同に集まり、横浜市の未来のビジネスや産業におけるクリエイションについて、多くの方々とアイデアをシェアする貴重な機会とさせていただきます。また当日は、これまでに本プロジェクトで制作されたプロダクトの展示も予定しております。
お忙しいところ恐縮ですが、皆様のご参加をお待ちしております。
ゲストスピーカーやプログラムの詳細は、ヨコハマ創造都市センターWEBサイト http://ycc.yafjp.org./event/2014/6463.html をご覧ください。

【プログラム】
◆14:00~14:10 主催者挨拶
◆14:10~14:45 キーノートスピーチ(田中 浩也氏)「FABCITYについて」
◆15:00~16:30 クロストークセッション
        (田中 陽明氏×広瀬 郁氏×木下 斉氏)
        「新しいビジネスのための技術とデザインの掛け合わせ方」
◆16:45~18:15 分科会
        ――創造産業分科会(伊東 祥次氏×島村 卓実氏)
        「売れるものをつくるのか?つくったものを売るのか?
         ~21世紀のデザイナーの役割」
        ――芸術不動産分科会(木下 斉氏×佐々木 龍郎氏)
        「創造的な不動産ビジネスで街を切り拓く」
◆18:30~20:00 懇親会(SAKAEによる横浜野菜を使ったフードケータリング)


〈開催概要〉
日時   :2014年3月27日(木)14:00~20:00 (13:30開場/受付開始)
場所   :ヨコハマ創造都市センター3F(横浜市中区本町6-50-1)
主催   :横浜市文化観光局、
      ヨコハマ創造都市センター(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
スピーカー:田中 浩也/田中 陽明/広瀬 郁/木下 斉/伊東 祥次/
      島村 卓実/佐々木龍郎
備考   :入場無料、事前申し込み不要

@Press

トピックスRSS

ランキング