宿泊先を探す人と貸したい人をつなげるオンラインサービス『Airbnb(エアビーアンドビー)』国内のホスト数が1,000件超、日本市場を強化

@Press / 2014年3月20日 16時0分

Airbnb
宿泊者先を探す旅行者(ゲスト)と空部屋を貸したい人(ホスト)をつなぎ、快適で安全な宿を提供するAirbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本語名:エアビーアンドビー、以下 Airbnb、ウェブサイト: https://www.airbnb.jp/ )は、2020年に開催される東京五輪を始め、今後さらに増えると予想される訪日外国人観光客に対して、文化を伝える体験型の新しい宿泊スタイルを提供すべく、日本市場に特化していく運びとなりました。


Airbnbは個人宅などの空き部屋を有料で貸し借りできる、世界で爆発的な人気を遂げているウェブサービスで、世界192カ国34,000都市に約60万件の登録物件があり、毎晩50万人がAirbnbのサービスを使って旅行をしています。登録された物件は、アパートや個人宅の1部屋を始め、コンドミニアムや一軒家、豪邸、バンガローや寺・シャトー、島まるごとなどまで、値段やユニークさも様々な部屋が提供されています。個人宅を借りるという体験を通して現地の雰囲気を味わえるため、世界中で利用者が急増しています。

日本における国内提携先(物件数)も口コミなどで増加しており、現在東京や京都などを中心にホスト数が1,000軒を超えました。2020年の東京五輪開催に向けて、より多くの訪日外国人観光客が日本にやってくることが予想されることから、Airbnbは成熟したライフスタイルが多く見受けられる日本市場を重要なマーケットとして定め、Airbnbのサービスを「おもてなし」の一つの形として、サービスの強化・定着化を図ってまいります。


もちろんこのサービスは国内だけではありません。海外旅行での宿泊先探しも楽しみや魅力の一つ。春の旅行シーズンに向けて、Airbnbが日本の旅行スタイルを変える新しい宿泊の形を提供してまいります。ツアーだけではなく、個人の嗜好や趣味にマッチした旅行の形が主流になってきた現在、「旅をどう過ごすか」が大切になってきています。魅力的な宿泊先で気軽に現地の人々や文化と触れ合い、多くの方と共有しあえるAirbnbのサービスは、旅の興奮や喜びを、旅を愛するより多くの日本の皆さまに楽しんでいただけるものです。


≪Airbnbについて≫
■Airbnbは、ユニークな宿泊施設をネットやスマートフォンで掲載・発見・予約できるマーケットプレイスとして2008年8月に米国サンフランシスコで創業された企業で、現在192か国、34,000以上の街にサービスを展開をし、通算ゲスト数は9,000,000強に及んでいます。

@Press

トピックスRSS

ランキング