小学校入学前にチェック! お子さんのおねしょ月に数回以上おねしょが続けば“夜尿症” 心理的に深刻な影響も

@Press / 2014年3月20日 14時15分

おねしょ卒業!プロジェクト
4月が近づき、小さなお子さんと親御さんは入学や進級を前に準備を進める頃です。楽しみである一方、お子さんの成長、発達について心配になることも多い時期ではないでしょうか。
小学校入学に合わせてチェックしておきたいことのひとつが、子どもの「おねしょ」。しつけの一環として扱われることが多いおねしょですが、小学校入学以降もおねしょが頻繁に続く場合は、一般的に「夜尿症」と診断され、近年その治療をスタートさせる輪が広がってきています。おねしょの対策に悩む親子に向けて役立つ情報を提供するため、この春、小児科や泌尿器科の専門家が中心となり「おねしょ卒業!プロジェクト」が発足しました。今後プロジェクトのWEBサイト(http://onesho.com/)で「夜尿症」の正しい知識やケアの方法について紹介していくほか、ニュースレターを定期的に発信するなど、啓発に取り組んでまいります。

◆入学前にチェック!入学前後を過ぎてもおねしょが続くなら「夜尿症」です
生まれてから2歳ごろまでの子どもは毎晩おねしょをしますが、その頻度は年齢とともに減っていきます。しかし、5~6歳(小学校入学前後)を過ぎても月に数回以上おねしょが続く場合は、「夜尿症」と診断されます。

【ポイント】「夜尿症」とは?
5~6歳を過ぎても月に数回以上、夜眠っている間に尿を漏らす現象が認められる場合、「夜尿症」と定義します。患者数は全国に約80万人(5~15歳/罹患率6.4%程度)で、1年ごとに10~15%ずつが治癒しているとされています。就寝中の尿の生成が多くなる「夜間多尿」や、就寝中の膀胱の容量が不十分である「膀胱容量低下」などが原因となります。

◆子どもの心には深いダメージ
「たかがおねしょ」と軽視されがちですが、実は当事者の子どもにとっては大きな負担になっていることも指摘されています。ある調査では、8~16歳の若者にとって、夜尿症の経験が、両親の離別、争いに続き、3番目に精神的な強い影響を受けるということがわかりました。これは、いじめの経験よりも高い影響度を示しています。

◆子どもだけではない お母さんも悩ませる夜尿症
夜尿症は、子どもだけでなくお母さんたちをも悩ませています。寝具や下着の洗濯など生活上の負担が増えるだけでなく、家族や親せきから「しつけ」や「育て方」の問題として責められ、理解されないケースもあるようです。しかし、精神論や根性論をかざすことは、子どもや親のさらなる心理的負担につながりやすく、それにより治癒がむしろ遅れることさえあります。

@Press

トピックスRSS

ランキング