世界初!高速道路走行中の脳活動の可視化に成功 自動車の運転で、前頭葉に負荷がかかりやすい減速時の不注意は事故の元

@Press / 2014年3月27日 10時0分

 株式会社脳の学校(所在地:東京都港区、代表取締役:加藤 俊徳)は、医師・医学博士である当社代表らが、中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)との共同研究において、高速道路を走行しているドライバーの脳活動の可視化に世界で初めて成功したことを発表いたします。
 これにより、加速や一定速度での走行よりも、減速時の方が、大脳(特に前頭葉(※1))の活動が高まることが発見されました。この研究成果は米国の脳科学専門誌『Frontier in Human Neuroscience』に公開されました。

 さらに脳の学校とNEXCO中日本は、国立大学法人東京大学 生産技術研究所 須田義大教授らと共同研究を実施しております。その中で、実道実験およびドライビング・シミュレーターを用いて研究を積み重ね、脳科学の視点から、高速道路の交通安全対策に寄与していく考えです。


【背景】
 これまでの脳科学研究は、実験設備などの制約により室内実験が主流であり、運転に関する研究もドライビング・シミュレーターを用いた実験に依存していました。脳の学校とNEXCO中日本の共同研究チームは、脳計測装置を車載する工夫を施し、高速道路運転中のドライバーの脳活動を計測して画像化しました。
 なお、この実験は開通直前の新東名高速道路で安全面および倫理面に配慮して行われました。今回の実験では、脳の神経活動が起こる際の酸素消費と血流の変化を2つ同時に観察することができるベクトル脳機能NIRS計測法(※2)(脳の学校特許技術)を使用し、屋外実験の難しい解析に成功しました。


【結果】
 同報告では、加速や一定速度での走行よりも減速時に脳の活動が高まることの他、減速時の脳活動は、複雑な操作を伴うUターンと同程度の脳活動を要することも示されました。加えて、急激に減速する程、脳の負荷が高まることも発見しました。また、一定速度での走行中は脳の活動がごく僅かであったことから、一定走行時には前方不注意が起こりやすく、減速時の事故防止には、より一層の注意力が必要と考えられました。
 我が国の交通事故原因の1位は、減速が間に合わないことによる追突事故(公益財団法人交通事故総合分析センター、2012年)で、また米国でも減速時の事故が多いとの報告があり(National highway traffic safety administration、2008年)、国際的に見ても減速時の事故が多発しています。
 自動車の運転において、特に減速時には、臨機応変に前頭葉の活動が高まるように脳を疲労させておかないこと必要だと言えます。

@Press

トピックスRSS

ランキング