インドにおける最大級・高品質のデータセンター「インド バンガロール 2 データセンター」の提供開始について

@Press / 2014年3月27日 11時0分

別紙1
 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、データセンター関連サービスを提供しているグループ会社Netmagic Solutions Private Limited(ネットマジック・ソリューションズ社、略称:Netmagic社)を通じて、2014年3月27日に、インドにおいて8番目となる「インド バンガロール 2 データセンター」の提供を開始します。
 本データセンターは、インドのシリコンバレーとも呼ばれる、バンガロール近郊のIT企業などへの優遇措置が行き届いた主な工業団地のひとつである「エレクトロニック・シティ」に位置しており、インド最大級のサーバールーム面積約4,600m2(1,400ラック相当)を提供します。


1.背景
 経済成長著しいインドにおいて、経済センターの一つであるバンガロールは、国内外のIT企業や製造業、流通業など企業進出が加速しており、それに伴いデータセンターサービスの需要が急速に拡大しています。
 NTT Comは、Netmagic社を通じてインドのデータセンターサービスを提供しており、現在バンガロール、ムンバイ、デリー(ノイダ)、チェンナイに7つのデータセンターを展開していますが、お客さまのさらなる要望にお応えするため、バンガロールで新たなデータセンターの提供を開始します。

(別紙1)「インド バンガロール 2 データセンター」の外観
http://www.atpress.ne.jp/releases/44675/img_44675_1.jpg

(別紙2)インドのデータセンター拠点
http://www.atpress.ne.jp/releases/44675/img_44675_2.jpg


2.概要・特長
 本データセンターは、インド国内で長年幅広いデータセンター提供実績を持つNetmagic社とNTT Comがグローバルに展開しているデータセンターの建設や運用ノウハウを結集させた初のデータセンターです。Nexcenter(TM)*1ブランドの下、「高品質」、「低コスト」、「柔軟性」をあわせもつ次世代データセンターサービスの需要に応えていきます。

(1) 高い拡張性と信頼性を備えた高品質データセンター
 データセンターに関する各種グローバルスタンダードに基づき、設備や運用についてNTT Comが定める300項目以上のグローバル統一基準に準拠したサービスを提供します。インド国内は一般的に電力供給が不安定で、停電も多い中で、本データセンターでは、UPSなどの電力設備を二重化することにより、24時間365日にわたり安定した電力を継続供給します。また、空調・通信設備の冗長化やセキュリティの充実などにより、インドでは最高レベルの信頼性やSLAを備えたデータセンターです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング