相次ぐ“バイトテロ”を防ぐ新サービス! “飲食店アルバイト教育専門”の熱血コンサルタントサービスを展開

@Press / 2014年3月27日 11時0分

白岩 大樹
アップ・トレンド・クリエイツ(本社:東京都江戸川区、代表:白岩 大樹)は、飲食店のアルバイト従業員による“バイトテロ”を防ぐ「飲食店のアルバイト教育専門」のコンサルタントサービスを展開しています。
http://upt-c.jp/


■アルバイト従業員が抱える危険性
<店舗を閉店に追い込む“バイトテロ”>
2013年末、飲食店のアルバイトによる悪ふざけ画像が次々とインターネット上でアップされました。このような迷惑行為はインターネット上で“バイトテロ”と呼ばれています。バイトテロに対する反応は非常に大きく、多くの店舗に批判や悪評が殺到、閉店へと追い込まれました。

<連鎖的ボイコットが生む人員不足>
それから数ヶ月が経過した2014年3月。大手飲食チェーンでアルバイトのボイコット発言がネット上にあがり、話題となっています。2月下旬にスタッフが大量に辞めてしまったこと、また業務量の増大により、「みんなが辞めるなら俺も辞める!」「みんな一斉に辞めようぜ!」といった連鎖的ボイコットが起こっています。中には人員不足のため、閉店に追い込まれる店舗も出ています。

<“必要”と“リスク”の板挟みにあう飲食店>
飲食店にとって、4月は新たなメニュー開発もあり、新人が増える大切な時期でもあります。しかし、人手不足の外食産業にとって満足のいく人材採用ができていない中、アルバイトに頼らざるを得ない店は多く、バイトテロは営業停止にもなりかねない大きなリスクですが、現実にはどうしてもアルバイトが必要不可欠な状況です。絶対にあってはならないバイトテロと絶対に必要なアルバイトたち。多くの飲食店がその挟み撃ちに悩まされています。


■“アルバイト専門”のコンサルタント
アップ・トレンド・クリエイツは、アルバイト従業員にこそコンサルタントが必要と考え、「飲食店のアルバイト教育専門」のコンサルタントサービスを提供しています。

<現場主義のコンサルタント~飲食店は団体競技~>
通常、コンサルタントというと、現場の雰囲気だけ見て、あとは幹部クラスに軽くアドバイスをする、というようなイメージがありますが、アップ・トレンド・クリエイツの代表である白岩の方法はそれとは真逆です。必ずその店のユニフォームを身にまとい現場に入って、パート、アルバイトたちと一緒に働く。その中で問題点やアルバイトたちの本音などを浮き彫りにし改善へとつなげていきます。
白岩のモットーは「飲食店は団体競技。まずは現場で一緒に働かないと何も見えない」。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング