スペイン人1,000人に聞いた日本への旅行に関する意識調査 ~日本と併せて行きたいアジアの国は「タイ」、旅の阻害要因は「費用の高さ」と「言語」~

@Press / 2014年3月26日 11時30分

スペインイメージ
日本およびスペイン間のマーケティングを支援する地中海マーケティング研究所(運営:ブルームーン・マーケティング株式会社、所在地:東京都港区・代表取締役: 野田 彩子)は、2014年2月末~3月初旬にかけてスペイン全国の15歳~70歳の男女1,010人に対し、「日本への旅行に関する意識調査」をインターネットで実施しました。


【調査結果の要約】
■「アジアへの旅行経験」に対して、「アジアには行ったことがない」人が全体の約65%
2013年11月実施の当社調査リサーチ(*)にて、スペイン人の「15-70歳の90%以上が日本への旅行を希望」するにも関わらず、実際にはアジア圏へ旅行をしたことがない人が半数以上の(64.6%)。上位は中国(12.0%)、タイ(8.6%)、香港(5.3%)と続き、日本は4位(3.5%)。

■「日本に旅行する場合、一緒に訪問したいアジアの国」は「タイ」
タイ(24.4%)、次点は「日本のみ訪れたい」(21.2%)。次点は中国(19.4%)、香港(15.0%)、韓国(7.2%)、シンガポール(6.9%)と続く。

■「日本に旅行する場合、楽しみたいこと」は「歴史的・伝統的な文化体験」
歴史的・伝統的な文化体験(62.1%)、自然・四季・田舎風景や体験(29.5%)、食事(主に日本食)(29.2%)が上位。次点はショッピング(12.8%)、日本人との交流体験(12.0%)。

■「日本への旅行の阻害要因」は圧倒的に「滞在費用が高い)」で全体の約55%
多数を占めた上位は「滞在費用が高い(宿泊・食事等)」(54.9%)、「航空券の料金が高い」(38.2%)、「言葉に困りそう」(33.1%)。旅行費用の高さと言語が最大の阻害要因となる。

*2013年11月実施「スペイン人1,000人に聞いた日本に関する意識調査」
http://bluemoonmarketing.jp/news/591.html


1.あなたがこれまで旅行で訪れたことがあるアジアの国はどこですか?(単一回答:N=1,009)
データ補足:アジア全体への渡航経験は、1位の中国を除き、すべて10%(100人)未満。アジアはどの国も訪れたことがない人が全体の約65%を占めた。男女別ではほとんどの国で男性の訪問経験が多いが、「シンガポール」のみ女性が多い。
http://www.atpress.ne.jp/releases/44678/img_44678_2.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング