三陸鉄道、震災を乗り越えて4月6日に全線運行再開!~「あまちゃん」の大吉駅長と吉田副駅長も記念イベントに登場~

@Press / 2014年3月26日 17時0分

お帰りなさい、三陸鉄道
岩手県の三陸海岸沿いを走る三陸鉄道は、東日本大震災により駅舎や線路が流失するなど甚大な被害を受けましたが、被災直後からの懸命の復旧作業と国内外からの力強い御支援により、この度、全線(北リアス線・南リアス線)で運行再開することになりました。
復興への歩みを進める三陸鉄道の姿は、昨年放送されたNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に登場する北三陸鉄道(通称:きたてつ)のモデルとなっています。この度の全線運行再開の記念イベントに、このドラマで大吉駅長を演じた杉本哲太さんと吉田副駅長を演じた荒川良々さんも登場します。


■大吉駅長・吉田副駅長と行く!!!「北三陸満喫号☆」
大吉駅長と吉田副駅長が「駅長・副駅長専用号」に乗車し、「北三陸満喫号☆」を先導します。車両内や各駅での歓迎のお振る舞いなど北三陸を“満喫”できるイベントが盛りだくさんです。このほかに、久慈駅前では、駅前賑わい市、餅まき等の各種イベントを開催します。

<「北三陸満喫号☆」の概要>
運行日 :平成26年4月6日(日)
運行区間:久慈駅発11時15分 → 宮古駅着13時35分

「北三陸満喫号☆」の出発前に、「つながるんだるま」開眼式(10時30分)を開催します。
なお、「北三陸満喫号☆」に乗車する乗客の公募は、終了しています。

<関連URL>
http://www.sanrikutetsudou.com/


■三陸鉄道の復興までの道のり
三陸鉄道は、昭和59年に開業した日本初の第三セクター鉄道で、開業以来、地域住民に欠かせない重要な足として活躍しています。北リアス線は宮古駅から久慈駅までの71.0km、南リアス線は大船渡市の盛駅から釜石駅までの36.6kmの路線です。
北リアス線では、震災の発災から5日後(平成23年3月16日)には、被害が少なかった久慈駅~陸中野田駅間で「災害復興支援列車(無料)」の運行を開始し、その後、田老駅~宮古駅間(平成23年3月20日)、小本駅~田老駅(平成23年3月29日)、陸中野田駅~田野畑駅間(平成24年4月1日)で運転を再開しました。今回、不通となっていた田野畑駅~小本駅間が開通し、全線がつながります。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング