開業100年目を迎える東京駅が短編アニメーション「時季(とき)は巡る~TOKYO STATION~」を制作、ティザー映像を公開!

@Press / 2014年3月26日 17時30分

時季(とき)は巡る~TOKYO STATION~1
株式会社エムオン・エンタテインメント(本社:東京都港区、代表取締役:水野 道訓)は、株式会社A-1 Pictures (本社:東京都杉並区、代表取締役:植田 益朗)、東京ステーションシティ運営協議会(※1)と共同で、100年の歴史ある東京駅のさまざまな魅力を伝える短編アニメーションを制作しました。

このアニメーションは、東京駅を舞台にした「時間を超えた家族愛」をテーマにした作品で、全編にわたり株式会社アリオラジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役:村松 俊亮)所属のアーティスト・さかいゆうの楽曲「時季(とき)は巡る」を起用しています。今回の東京駅とのコラボレーションにさかいゆうは、『今回、開業100年目を迎える東京駅を舞台として「時季(とき)は巡る」をテーマ曲とした短編アニメーションが制作されることになりました。自分の楽曲からこのような作品が生まれたことは非常にうれしく思います。僕、さかいゆうは、東京から公共機関で最も時間を有する地域の一つ、高知県土佐清水出身です。初めて降りた東京駅はあまりに巨大で、行き交う人の視線が僕を勝手に寂しくさせました。時を経て、人の優しさにふれ、東京、東京駅が、大好きな街、駅になりました。東京駅の前を通るたびに、あの頃の自分はいったいなんであんな孤独だったんだ?なんて思いますが、この大勢の中にきっと僕みたいな孤独な田舎者がいると思ったら、その人に歩み寄って、「大丈夫だから、じき好きな街になる」って言ってあげたいです。』と語っています。

作品の予告編は下記のYouTubeチャンネルにてご覧いただけます。

【視聴可能サイト】
・YouTube「TOKYO STATION CITY」オフィシャルチャンネル(URL:http://www.youtube.com/channel/UCi7bZHckQlThRDOBLd1mfGQ
・YouTube「AUGUSTA CHANNEL」(http://www.youtube.com/user/OfficeAugusta

※なお、本編のフルレングスバージョンの映像は5月公開を予定しています。

【ものがたりのあらすじ】
主人公の美咲は結婚を間近に控える25歳。東京駅に鉄道員として勤務していた亡き父の遺品を整理した際に父の駅員時代の東京駅の古い写真と共に古い懐中時計が見つかるが、
それは既に壊れていて、動かない。思い出の中の父は、常に厳格な性格で、自分に厳しかった事しか心に残っていない。しかし写真の中には、自分の知らない笑顔の父の姿。父とのすれ違いが多く、 いつの間にか距離を置いてしまっていた主人公。時計を修理できるのは、かつて東京駅構内に存在していた時計屋だけである事を知る。。。

@Press

トピックスRSS

ランキング