4月2日からの「発達障害啓発週間」を前に、一般・発達障がい児の保護者双方へ意識調査を実施 子どもの発達障がいが「周囲から理解されている」と感じる保護者、わずか3割依然として「発達障がい」の認知・理解が低い状況が明らかに

@Press / 2014年3月27日 16時0分

「周囲から理解されている」と感じる保護者わずか3割
障がいがある方を対象とする就労支援センター、子ども一人ひとりの状況に即したオーダーメイドの幼児教室・学習塾を全国展開する株式会社ウイングル(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川 敦弥)は、厚生労働省が定める「発達障害啓発週間」(4月2日~8日)を前に、「発達障がいに関する意識調査」を実施いたしました。調査は、インターネットを利用し、ウイングルが運営する発達障がい児や発達が気になるお子様をもつ家族向けのコミュニティサイト「ふぁみえーる」の会員330名と、一般の20~60代男女300名を対象に「ふぁみえーる」会員と一般の方とで別々の質問をおこないました。

「発達障がいに関する意識調査」詳細
http://www.atpress.ne.jp/releases/44761/att_44761_1.pdf


【調査結果のポイント】
http://www.atpress.ne.jp/releases/44761/img_44761_1.jpg

(1) 「ふぁみえーる」会員への調査から
A) 子どもの発達障がいについて、「周囲から理解されている」と感じる保護者はわずか3割
B) 約半数の保護者が、子どもの発達障がいがわかったとき、「自分の育て方が悪いせい」と感じた経験がある。さらに子どもの発達障がいについて、周囲から「保護者の育て方が悪いせい」と指摘された経験がある母親も半数近くに上り、発達障がいへの理解度の低さが浮き彫りに
C) 発達障がいの子育てに関する情報は「足りていない」が約7割。情報は「インターネット」・「専門機関や医療関係者」から主に入手しており、情報の信頼性では「専門機関や医療関係者」がトップ

(2) 一般への調査から
A) 発達障がいについて「特徴まで含めて知っている」のは約4割。6割弱が「発達障がい」について名前以上の知識を持っていない
B) 発達障がいについて「特徴まで含めて知っている」と回答した人でも、その原因や治療について誤解を持つ人が存在、女性に比べて男性で誤解度が高い傾向にあることがうかがえる


【調査結果のポイントデータ】
■「ふぁみえーる」会員への調査
A.子どもの発達障がいについて、「周囲から理解されている」と感じる保護者はわずか3割

Q.お子様の発達障がいについて、周囲から理解されていると感じますか(n=246)
 グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/44761/img_44761_2.jpg
 ・十分理解されていると感じる   ( 4.1%)
 ・やや理解されていると感じる   (26.4%)
 ・どちらともいえない       (30.5%)
 ・あまり理解されていないと感じる (32.5%)
 ・まったく理解されていないと感じる( 6.5%)

@Press

トピックスRSS

ランキング