名古屋の隠れ名物「カレーうどん」が東京でも味わえる!東京・新宿三丁目のカレーうどん専門店『かまう』が特製ポテトサラダやレディースセットなど、4月1日からメニューを拡充!

@Press / 2014年3月28日 11時0分

外観・店内
飲食事業の他に、広告制作事業を手がける株式会社ワイズプロモーション(本社:東京都港区北青山2-7-26、代表取締役:今井 恵介)は、2013年12月21日に新宿三丁目駅近くにカレーうどん専門店『かまう』をオープンしました。知る人ぞ知る名古屋の隠れ名物“カレーうどん”を、東京でも味わえる店として、ファンを獲得してきました。メニューは看板メニューである「カレーうどん」(並 750円)だけでしたが、最近は夜の居酒屋ニーズも高くなってきたことから、4月1日より特製ポテトサラダやアルコール類を拡充し、麺量50%の「レディースセット」もご用意します。

外観・店内: http://www.atpress.ne.jp/releases/44788/img_44788_1.png


【店舗コンセプト】
名古屋の隠れた名物メニューと言えばカレーうどん。名古屋にはたくさんのカレーうどん専門店が存在します。名古屋出身の同店のオーナーは、週に3回以上もカレーうどんを食べるほどのカレーうどんの大ファンで、「東京でも毎日のように食べたい!」、「東京の人にもこのおいしさをぜひ味わってほしい!」という想いから同店をオープンしました。ちなみに「かまう」とは名古屋弁で「おもてなし」の意味。


【「カレーうどん」のおいしさの秘訣】
看板メニューの「カレーうどん」(並 750円、大盛 1,000円)は、適度な辛味がありながらまろやかなカレースープと、食べ応えのある太うどんが絶妙にマッチ。カレースパイスは地元の名店から門外不出の特製カレー粉を特別にわけてもらい、スープは野菜や鶏ガラを煮込んだものに、別に仕込んだカツオだしを加えて日本人が大好きな味わいに仕上げました。うどんはコシがあって食べ応えのある太麺を使用し、少しねじってから茹でることで、カレースープとのからみがさらによくなるように工夫。具材は豚バラ、ジューシーな油揚げ、長ネギでやみつきになるうまさです。好みで七味唐辛子を加えてお召し上がりください。

カレーうどん: http://www.atpress.ne.jp/releases/44788/img_44788_2.png

4月1日から麺量50%の「レディース」(650円)も登場。ランチはミニご飯とコーン茶もつけた「レディースセット」(750円)も提供。紙エプロン付きなので、女性のおひとり様も安心です。


【魅力メニューが続々と追加!】
・「かまう特製ポテサラ」(350円)
ゴロゴロとした手作りポテトサラダ。カレーうどんと一緒でもおいしくいただけるように、爽快感のある和風味のポテサラに。秘密がいっぱい!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング