スプレーしておくだけで、その上を通ったゴキブリなどの害虫を駆除する『バルサン まちぶせスプレー』に“マダニ”の効能を追加して発売

@Press / 2014年3月28日 10時0分

バルサン まちぶせスプレー
ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、ゴキブリなどの通り道などにあらかじめスプレーしておくだけで、その上を通ったゴキブリを知らないうちに駆除できる『バルサン まちぶせスプレー』に、新たにマダニの効能を追加しました。あわせて、各地で問題となっているマダニとトコジラミへの効能を明確に伝えるデザインにパッケージをリニューアルし、2014年3月から全国の薬局・薬店で発売いたします。

商品イメージ: http://www.atpress.ne.jp/releases/44807/img_44807_1.jpg


1.発売の狙い
■マダニによる被害の現状
野山や公園などの野外に棲息する“マダニ”は、哺乳動物などに寄生する吸血性のダニで、ペットや人にも加害することが知られています。近年、散歩時にペットに付着したり、ハイキングやガーデニングなどの野外活動時に人の衣服や身体に付着することで、庭や屋内に持ち込まれることが報告されています。
2013年1月に国内で初めての重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の患者の発生を受け厚生労働省は、「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の国内での発生について(情報提供および協力依頼)」を公表し、総合的な調査が開始されました。2014年2月には調査結果(第2報)を公表し、“マダニ”が媒介するウイルスの分布が全国的に広がっていることがわかりました。気温が高くなることで“マダニ”の活動が活発化することから、今後、国内感染の確認例が増える可能性があります。

■トコジラミによる被害の現状
全世界に分布する“トコジラミ(別名 ナンキンムシ)”は、吸血性の害虫です。日本では1970年代ごろまでは簡易宿泊所などで被害が蔓延していましたが、徹底的な駆除が行われたため、被害はなくなりました。ところが2000年以降、アメリカで“トコジラミ”の被害が問題化し始めるとともに、被害が世界的に拡大し、現在、日本でも保健所などへの相談件数が年々、急激に増加しています。日本で被害が拡大した理由として、海外からの旅行者の荷物、中古の家具や装飾品などに付着して持ち込まれたと考えられます。
“トコジラミ”も、気温が高くなることで活動が活発化するため、今後、さらに被害が拡大する可能性があります。

そこでこの度、ゴキブリなどの通り道などにあらかじめスプレーしておくだけで、その上を通ったゴキブリを知らないうちに駆除できる『バルサン まちぶせスプレー』に、新たにマダニの効能を追加しました。マダニとトコジラミへの効能を明確に伝えるデザインにパッケージをリニューアルして発売いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング