セシールが『モンゴル国 子どもにやさしい幼稚園推進事業』における安全で衛生的なトイレ・手洗い場への改修活動へ寄付

@Press / 2014年3月28日 14時0分

改修後
株式会社ディノス・セシール(本社:東京都中野区)は、「セシール」の2013年度CSR活動の一環として、
途上国の女性支援を目的とした「国際ガールズ・デー キャンペーン」など各種活動を展開してきました。その
結果、お客様からのご支援等により本年度として合計2,572,796円を、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・
ジャパン(以下、SCJ)が実施する「モンゴル国子どもにやさしい幼稚園推進事業」のうち、トイレ・手洗い場の改修を行う衛生改善への取り組みに寄付いたしました。

セシールは2013年7月より、途上国の女性支援を目的とした中間支援団体『一般社団法人日本女子力推進事業団』(通称名:ガール・パワー・プロモーション)と共に、途上国女性支援のための広報活動や、Web上でのコーズマーケティングなど、様々な活動を実施してきました。
当活動では、「国際ガールズ・デー キャンペーン」等、セシールオンラインショップ上でのご購入に応じた寄付金、あるいはポイント募金など、お客様の参加が寄付につながるプログラムを展開したことで、今年度は 合計で2,572,796円をSCJへの寄付金といたしました。本寄付金は、SCJが推進する「モンゴル国 子どもにやさしい幼稚園推進事業」のうち、「トイレ・手洗い場の改修」事業に全額使用される予定です。

モンゴルでは急激な経済成長で中所得国となる一方、国民の約3分の1が貧困ライン以下の生活を強いられ、貧富の格差が拡大しています。同国の貧しい地域では、幼稚園での児童数増加に対し施設の整備が追いついておらず、特にトイレは不衛生で安全性が低く、さらに老朽化も著しく、数も圧倒的に不足しています。
SCJではこの状況を踏まえ、衛生環境の整備をテーマの一つとして掲げることで、便座やトイレットペーパー、タオルなどを子供たちが使いやすい高さに設置するなどのトイレと手洗い場の改修、さらに同国内で子どもの
ためのトイレモデルとなるデザインやコンセプトの啓発活動までを含む、「トイレ・手洗い場の改修」事業を行っています。なお、本事業は、2014年日本水フォーラム主催「GOODプロジェクト ~世界のすべての人にトイレのあるくらしを~」で、トイプロ事務局特別賞を受賞しました。

セシールの本CSR活動では女性支援を掲げていますが、生きる、育つ、守る、参加するといった“子どもの権利”が実現される環境を整えることが、子どもたち、特に女の子にとって非常に重要であるため、今年度は、当プロジェクトの拡充のために寄付させていただくこととなりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング