石川・白山温泉郷のホテル女将の生前の書を息子が引き継ぎ、出版 『湯の道よ永久に 岩間温泉物語』4年の月日をかけて完成 出版を記念して宿泊料2,000円バックキャンペーンを実施

@Press / 2014年6月3日 10時30分

表紙
 株式会社山崎旅館、有限会社一里野高原ホテル、株式会社ホワイトリング(石川県白山市尾添)の代表・山崎 太一朗は、一里野高原ホテルの女将として務め上げた母が生前書きかけていた著書『湯の道よ永久に 岩間温泉物語』を4年の月日をかけて完成させ、出版しました。北陸の主要書店にて販売いたします。
 秘湯中の秘湯と言われる山奥深い温泉の開発を綴った、波瀾万丈の地域作りのノンフィクションです。

 この度出版を記念して、岩間温泉 山崎旅館と一里野高原ホテル ろあんにて、書籍を購入・持参いただいたお客様に宿泊料2,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施いたします。(書籍代:1,700円)
 他にも、日帰り休憩プラン(通常4,800円)を4,000円に、日帰り入浴(通常700円)を300円にいたします。いずれの割引についても、2014年内12月25日まであれば何度でもご利用いただけます。

 亡き母の著書の出版をを盛り立てるため、本キャンペーンの実行を決断しました。書籍を購入すると旅館ホテルにてキャッシュバックが貰えるという珍しい組み合わせのキャンペーンです。

『湯の道よ永久に 岩間温泉物語』
http://www.Iwama-onsen.jp/


 石川県の日本三名山「白山」のふもとの一里野高原ホテルの女将であり、社長であった山崎 久栄は2008年10月、金沢大学付属病院にて末期乳がんの闘病中にこの本の執筆を開始。初稿をあげた直後の2010年5月3日に他界しました。

 その後、長男である太一朗が旅館ホテルの経営と本の作成を引き継ぎました。生前に著者(母)と話し合った内容を元に作成を進め、4年の月日を費やし、やっと完成に漕ぎ着けました。そして、この度、母の誕生日である4月3日に出版となり、書店にて販売されることになりました。


【発売キャンペーン内容】
宿泊   :1名1冊につき2,000円のキャッシュバック
日帰り休憩:800円のキャッシュバック
日帰り入浴:400円のキャッシュバック

※書店にて『湯の道よ永久に 岩間温泉物語』を購入し、岩間温泉 山崎旅館、又は一里野高原ホテル ろあんに持参したお客様が対象。
※1人1冊まで有効。2014年12月25日まで。


【書籍概要】
 崖を超えてやっとたどり着ける山奥の秘境に高温の温泉が豊富に湧き出ていました。廃れ行く地域を観光で盛り立てるために、私費を投じて、全く道のなかった切り立った山肌に道を切り開き、その温泉を日本で最長級の10キロもの配湯管で引き出すことを成し遂げた一人の破天荒な男の物語です。当時の写真も含め、223枚もの写真を掲載した異色のノンフィクションストーリーです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング