法人向けモバイルデータ通信サービス「Arcstar Universal Oneモバイル」をグローバルに拡大

@Press / 2014年4月1日 11時0分

(図1) サービス利用イメージ
 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、法人向けモバイルサービス「Arcstar Universal Oneモバイル」が、あらたにグローバルに対応し世界約200カ国/地域でご利用いただけるようになりました。主にM2M(Machine-to-Machine)(*1)通信用途にサービスを拡充し、2014年4月1日より日本国内での受付を開始します。


1.背景・目的
 近年、センサーや機器から収集した様々なデータを活用することで、ビッグデータ解析などの革新的な新規事業開発や機器メンテナンスのプロセス効率化の実現など、モバイル回線を利用したM2M通信の事例が増えています。日本国内に留まらず、輸出した産業機器や建設機器などの稼働状況把握や、国をまたがる物流の管理などグローバル事業におけるニーズが急速に高まる中、「各国ごとの回線契約の煩雑さの解消」、「世界各国で利用する回線管理の利便性」、「グローバルで一貫したセキュリテイの重要性」などが求められています。
 そこで、NTT Comは、世界各国にまたがるモバイル回線の調達から運用保守までをワンストップで提供するとともに、Webポータルを通じてお客さま自身で利用中の回線を一元管理できる仕組みを用意しました。


2.グローバル対応の主な特徴
 「Arcstar Universal Oneモバイル」は、モバイル端末から企業のクローズドネットワーク「Arcstar Universal One」へリモートアクセスするのに便利なモバイルデータ通信サービスです。今回のグローバル対応の特徴は以下のとおりです。これにより、グローバルにおけるM2M導入時の回線契約や回線管理、セキュリテイに関わるお客さまの課題解決に大きく貢献します。

(1) 世界中で利用可能なモバイル回線:
 グローバルに対応したSIMにて、SIMを交換することなく世界約200カ国/地域において、M2Mを想定した小容量データ通信を最適な料金でご利用いただけます。

(2) セキュアなデータ通信ネットワーク:
 NTT ComのVPNサービス「Arcstar Universal One」とモバイルキャリア網とをダイレクトにつないでいるため、エンドツーエンドでセキュアな通信を提供します。また、NTT Comが提供するクラウドサービスともシームレスに接続することができます。

(3) Webポータルによる回線管理機能:
 「NTT Comビジネスポータル」のモバイル回線管理機能を提供します。お客さま自身で本サービスの利用開始や休止、回線ごとのデータ利用量確認などが行えるほか、NTT ComのVPNやクラウドなどその他のサービスと一元管理が可能なため、運用管理業務の煩雑さを解消します。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング