“胃酸に弱い”“高カロリー”“吸収されない”酵素の常識を覆す!低カロリー酵素「エンザミン スタンダードサプリ」4月2日発売

@Press / 2014年4月2日 11時0分

エンザミン スタンダードサプリ
株式会社エンザミン研究所(本社:大阪市北区、代表取締役:後藤 謙治)は、『エンザミン スタンダードサプリ』を2014年4月2日より発売いたします。
従来、“熱”“胃酸”に弱い、“カロリーが高い”“吸収率が悪い”とされてきた酵素サプリの弱点を克服した特許製法で生成されるエンザミンに、選び抜かれた厳選素材を配合。オメガ3などの有効成分をプラスし、毎日のキレイと健康をサポートします。

販売URL: http://www.enzalabo.jp


●エンザミンとは
微生物学の世界的権威である、元京都大学医学部の赤澤 一三博士が開発。特許製法により酵素を大量に産生するよう強化した納豆菌類(赤澤株)を、6ヶ月間長期発酵熟成することにより得られた酵素様低分子ペプチドで、美容・健康関連の数多くのエビデンスを取得する酵素原料です。
最新の研究ではエンザミンのメタボリックシンドロームへの研究が、イギリスのケンブリッジ大学の学術誌にて論文発表されました。この評価はカロリーの高い一般的な酵素商品群ではありえない快挙です。


●一般的な酵素とエンザミンの違い
酵素の有用性は多くのメーカーや消費者に理解が深まり、美容と健康にとって切り離せないファクターとなってきています。しかしながら、以下のような酵素の弱点もまた、消費者には知られてきています。

・熱に弱く65度の熱で活性を失う
・酸に弱いため胃酸によって活性を失う
・高分子であるためそのままでは吸収されない
・大量の糖類を使用し発酵するため高カロリー
 (参考:一般的な酵素飲料1日量=50~200kcal)

エンザミンはこれらの弱点を全て克服できる特許製法で産生される、納豆菌生まれの酵素様低分子ペプチドです。
・熱に強い(耐熱試験121度 30分クリア)
・酸に強い(耐酸性試験 ph1.2クリア)
・低分子(分子量500以下)
・低カロリー(11.5kcal/8粒/1日)を実現


●商品紹介
本製品は2012年春から販売されご好評を頂いたエンザミンスタンダード(600ml)を、携帯性に優れた粒タイプとして新発売。さらにサラサラ成分であるオメガ3(DHA・EPA)、スッキリ成分シトラスエキス、ブラックジンジャーをプラスし、酵素の味が苦手な方、酵素食品が初めての方にも気軽に続けて頂ける製品です。

<エンザミンをおすすめしたい方>
・お肌トラブルがある方
・お化粧のりが気になる方
・いろんなダイエットに失敗してきた方
・低体温でお悩みの方
・階段の上り下りが気になる方
・便通が気になる方
・お酒の飲み過ぎが気になる方

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング