生体情報を手掛かりに、お年寄りの事故を未然に防ぐ高齢者施設向けシステム「ライフリズムナビ」を「はっぴーらいふ奈良新大宮」に導入

@Press / 2014年4月2日 13時30分

スマートフォン用アラート画面
エコナビスタ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:梶本 修身)は、大阪市立大学医学部医学部疲労医学教室および株式会社プロパティ・ケア(本社:大阪市東淀川区、代表取締役:祝嶺 良太)と共同開発した高齢者施設向け見守りシステム「ライフリズムナビ」を、2014年4月より入居開始のサービス付き高齢者向け住宅「はっぴーらいふ奈良新大宮」に導入しました。

URL: http://econavista.com/liferhythmnavi/


■「ライフリズムナビ」特長
【生体情報からリスクを把握、事故を未然に防ぐ】
「ライフリズムナビ」は従来の「事故を知らせる」見守りシステムとは異なり、生活環境情報とともにトイレ回数や睡眠時間など生体情報(ライフリズム)を自動記録することで、「リスクを医学的観点から把握し、事故を未然に防ぐ」画期的な健康管理システムです。

【様々なシチュエーションに対応可能】
感覚鈍化による熱中症や脱水症状、長時間在床など、お年寄りに起こりうる様々な異常に対応することが可能です。

・熱中症防止機能
 室内の温度を監視し、高温時にはエアコンを自動運転することで、熱中症や脱水症を未然に防ぎます。
・トイレ内見守り機能
 トイレの使用有無を感知し、使用時間や回数を自動記録。使用が長時間に及ぶとアラートを発信します。
・就寝状態見守り機能
 マットレスの下に敷くセンサーで高齢者の在床/離床を感知し、記録します。
 長時間の在床や離床時にアラートを発信します。またサーカディアンリズム(日内周期)のズレや睡眠時間の減少等の情報も把握できます。
・各種分析グラフ表示
 各種センサーより送信されるデータで生体情報をグラフ化可能です。

【専門家による分析レポートも提供】
大阪市立大学医学部疲労医学教室との提携により、自動記録された1ヶ月間のログデータを分析、起こりうる危険をより正確に把握しておくことが可能になります。
当サービスは2014年夏ごろの開始を予定しています。


■施設概要
施設名  : はっぴーらいふ奈良新大宮
類型   : サービス付き高齢者向け住宅
所在地  : 奈良県奈良市芝辻町4丁目3番1号
開設年月日: 2014年4月
入居戸数 : 50戸(18.37m2~27.12m2)
入居条件 : 要介護認定を受けている方
契約形態 : 賃借
URL    : http://property-care.co.jp/facility/shinomiya/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング