国内初!「Optimal Biz for Mobile」がWindows RTに対応!Windows RT×ICT利活用教育の端末管理における解決策

@Press / 2014年4月7日 11時0分

オプティム ロゴ
株式会社オプティム(東京本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下 オプティム)は、3年連続国内シェアNo.1(※1) MDM(※2)の「Optimal Biz for Mobile」がWindows RT(※3) 8.1機器の端末管理に国内で初めて対応したことを発表いたします。これにより、Windows RT 8.1を現在使用中もしくはこれから導入を検討している教育機関・企業様でWindows RT 8.1の管理・運用を効率的に行えるようになります。

Optimal Biz for Mobile 製品ページ:
http://www.optim.co.jp/products/bizformobile


現在、電子黒板やタブレット端末等を用いるICT利活用教育(Information and Communication Technology:教育分野における情報通信技術の利活用)が総務省、文部科学省を中心に進められています。その際に、Windowsストアアプリのみを利用できることで、児童、生徒の端末利用を緩やかに制限でき、またWord、ExcelなどのMicrosoft Officeソフトウェアが標準インストールされている点から、Windows RTを搭載したタブレットPCが教育機関での教育用端末として注目されています。このことから、今後ICT教育分野でのWindows RT端末導入が期待されます。また、教育におけるICTの利活用において、導入した大量のタブレット端末を初期設定する際に、端末それぞれにアプリケーションをインストールしたり、校内環境への接続設定をしたりする事が必要となるケースがあります。このような端末導入に起因する設定作業の増加が教育現場における課題でした。さらに、児童や生徒が授業中や学校内で授業内容と関係のないWebサイトを閲覧してしまい、学習の妨げになることもICT利活用教育におけるタブレット導入の懸念点として挙げられています。

このたび、「Optimal Biz for Mobile」は、Microsoft Corporation(本社:米国 ワシントン州、CEO:サティア・ナデラ)により策定されたMS-MDM(※4)を用いた端末管理機能の搭載により、Windows RT 8.1端末の資産管理を国内MDMベンダーとして初めて実現しました。また、今後Windows RT 8.1端末向けに、リモートロック(遠隔ロック)・リモートワイプ(遠隔消去)といった紛失対策機能、アプリケーション管理機能、独自ブラウザーによるWebフィルタリング(Webサイト閲覧制限)機能への対応を予定しています。これにより、ICT利活用教育におけるタブレット端末導入時の教育現場における管理者負担を軽減します。さらに、児童、生徒が万が一端末を紛失した場合のプライバシーに関わるデータの遠隔消去、有害コンテンツや学校の非公式掲示板などの不適切なWebサイトの閲覧禁止などが実現され、安心して端末をご利用いただけるようになります。

@Press

トピックスRSS

ランキング