ソリトン、電子証明書運用のNetAttest EPS-apをマルチデバイスに対応 -Windows/Mac/iOS/Android混在環境で端末認証を一元化しシャドーIT防止

@Press / 2014年4月9日 18時0分

NetAttest Eps-ap利用イメージ
株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田 信夫、以下 ソリトン)は、認証アプライアンス「NetAttest EPS」※1のオプションで、電子証明書を提供する「NetAttest EPS-ap」を、スマートデバイスに加えWindowsとMacにも対応、クライアント用のアプリケーションKeyManagerを4月9日より、無償で提供します。同時に、機能の強化も図り、Windows/Mac/iOS/Androidの混在するマルチデバイス環境で、より強固な電子証明書運用が可能になります。

スマートデバイスの普及で私物端末の業務利用(BYOD)が進むとともに、企業や組織のネットワーク/システムへのアクセスは、許可した端末に限定する「端末認証」のニーズが増加しています。ID・パスワードによる認証では、許可されていない端末や第三者からの接続といったシャドーITを防止することは難しく、また、端末・OS固有の情報を利用した認証では、UDIDやMACアドレスなどの端末情報の取得が制限される場合もあり※2、マルチデバイス環境での「端末認証」に電子証明書が採用されるケースが増えています。しかし、電子証明書インストール時の動作がデバイスごとに異なることも多く、一元的な運用までは難しいという課題がありました。

今回NetAttest EPS-apは電子証明書運用ソリューションを強化し、Windows/Mac/iOS/Androidが混在するマルチデバイス環境においても、すべての端末への安全な証明書配布と管理を実現しました。
申請には、クライアントアプリケーション、「Soliton KeyManager(キーマネージャー)」を利用します。電子証明書の配布においては、秘密鍵漏洩を防止したセキュアな配布(SCEP※3を利用)ができるほか、証明書の申請や証明書失効前の事前連絡をスムーズにする機能なども実装され、マルチデバイス環境でも一貫したセキュリティポリシーで電子証明書の運用が可能になります。

これまでNetAttest EPS/EPS-apは、主に無線LAN/VPN利用時のネットワーク認証に利用されていましたが、最近は、その他のシステムにおける認証にも利用されています。社内・クラウドシステムへのセキュアなアクセスを実現する「Soliton SecureBrowser/SecureGateway」、完全透過型シングルサインオンゲートウェイ「Smart eGate」、ファイル転送アプライアンス「FileZen」などの各種ソリトン製品の認証にも、構築から運用まで、トータルな電子証明書運用をワンストップで実現します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング