Zippoがグローバルキャンペーン「#SHARETHEPAIN(シェア・ザ・ペイン)」を実施

@Press / 2014年4月4日 17時45分

#ShareThePainサイトイメージ
風に強いライターのメーカーとして世界的に知られるZippo Manufacturing Company(本社:米国ペンシルバニア州ブラッドフォード、以下、Zippo社)は、ソーシャル・メディアを消費者との対話ツールとして活用する初のグローバルキャンペーンを展開します。このキャンペーンは、ソーシャル・メディアユーザーが、お気に入りのアイテムをなくしたとき、Twitterなどのソーシャル・メディア上でその悲しみを共有しているという行動に着目し企画したものです。Zippo社は、ソーシャル・メディアユーザーに対応し「#ShareThePain(シェア・ザ・ペイン)」を使い、彼らの痛みを共有する機会を提供します。Zippo社はこのキャンペーンを通じ、Zippoファンとの積極的なコミュニケーションを行うことを目的とします。

本日より開始されるキャンペーン「#ShareThePain」を率いるのはZippo社が設定した、世界で最もタフな男 Jax ‘No Pain’ McFlame(ジャックス・ノーペイン・マックフレーム)です。彼は肉体的な痛みを感じることがないというタフな人物ではありますが、Zippoライターをなくすとことでは、特別に強い痛みを感じます。近日公開予定のショート・ムービーでは、Jaxの人柄と本キャンペーンの詳細が公開されます。

JaxはなくしたZippoライターについてTwitter上でつぶやくキャンペーンへの参加者と共に悲しみ、辛い時間を過ごすための賢明なアドバイスをします。ユーモアたっぷりの本キャンペーンにより、Zippoライターをなくした人々の「耐えられない」痛みが笑いに変わるだけでなく、Zippoライターの貴重さを実感いただくとともに、ZippoブランドとZippoユーザーとが深い結びつきを実感する機会となれば幸いです。

「#ShareThePain」キャンペーンオリジナルサイト http://sharethepain.jp が公開され、本キャンペーンに関連するニュースやショート・ムービーをご覧いただくことができる他、最近なくしたものについてJaxに話しかけることで、Jax McFlame 本人からビデオメッセージを受け取ることができます。

本キャンペーンでは、Zippo公式ソーシャル・メディア・アカウント*を活用します。ソーシャル・メディア・チャンネルでは、Jax McFlameからのコメントだけでなく、ユーザーから寄せられるコメントも取り上げます。「#ShareThePain」キャンペーンは、日本に加え、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、インド、香港、中国、韓国で実施されます。Jaxはキャンペーン参加者にそれぞれの国の言語で応答します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング