京都精華大学アセンブリーアワー講演会に、くるりの岸田繁や参院選での「選挙フェス」が話題になった音楽家の三宅洋平らが登壇

@Press / 2014年4月11日 10時30分

ホームページ画像
京都精華大学(所在地:京都市左京区、学長:竹宮惠子)は、同学が主催する公開トークイベント「アセンブリーアワー講演会」の、2014年度前期のゲスト3名が決まりましたので、お知らせいたします。
「アセンブリーアワー講演会」は、京都精華大学が開学した1968年から行われている公開トークイベントです。あらゆるジャンルから一流のゲストを迎え、時代をつくる「生の声」にふれることができます。


【京都精華大学 アセンブリーアワー講演会】
会場:京都精華大学 黎明館1階 L-101
時間:16:20~17:50 申込不要、当日先着順、参加無料

●6月 5日(木)ゲスト:美術家・森村泰昌
●6月26日(木)ゲスト:音楽家・三宅洋平
●6月開催予定ゲスト:ミュージシャン・岸田繁(くるり)
※岸田繁(くるり)の回の日時、その他ゲストについては決定次第、本学Webサイトにて発表します。
http://www.kyoto-seika.ac.jp/assembly/


【ゲストのプロフィール】
●森村泰昌(もりむら やすまさ)
1951年大阪生まれ。1985年にゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を発表し、以降、今日に至るまで、一貫して「自画像的作品」をテーマに作品を作り続ける。1988年にはベネチア・ビエンナーレ/アペルト88に選出され、以降国内外で数多くの展覧会を開催。世界的な活躍を続ける。2013年は「ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る」(資生堂ギャラリー)、「森村泰昌 レンブラントの部屋、再び」(原美術館)、「Theater of the Self」(アンディ・ウォーホル美術館[ピッツバーグ])の3つの個展を開催した。著作も『森村泰昌「全女優」』(二玄社)、『まねぶ美術史』(赤々舎)など多数。2014年8月に開催する「ヨコハマトリエンナーレ2014」ではアーティスト・ディレクターを務める。今夏同時期には、サンクトペテルブルグ エルミタージュ美術館での「マニフェスタ10」に参加、新作を発表の予定。

●三宅洋平(みやけ ようへい)
1978年ベルギー生まれ。2002年、サラリーマンを辞めてミュージシャンとしてデビュー。2009年までレゲエ・ロックバンド“犬式 a.k.a.Dogggystyle”のボーカル・ギターとして活動。2010年より(仮)ALBATRUSを始動。デビュー時よりライブやネットを通じて社会に対するメッセージを発しており、2012年の衆議院選挙で立候補の打診を受けた事をきっかけに、「政治に参加し、政治をアート」する姿勢を明確に打ち出す。「日本社会の価値観を多様にひらく」必要を感じ、2013年7月に行われた参議院選挙へ立候補。17万票を得るも落選する。現在も日本全国でライブ活動を続けている。

●岸田繁(きしだ しげる)
ロックバンドくるりのボーカル、ギター。1976年京都府生まれ。1996年、立命館大学在学中にくるりを結成。1997年11月にデモ音源を集めたCD「もしもし」をインディーズから発表。1998年10月にはシングル「東京」でメジャーデビュー。あらゆる音楽からあまねく影響を受け、つくられるサウンド、ひとはだのメロディーとことばを醍醐味とする。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング