『HOME'S』、国内初!視覚障がい者向けの住まい探しアプリを提供

@Press / 2014年4月11日 15時0分

総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、2014年4月11日(金)より、視覚障がいを持つ方の住まい探しをサポートする、iPhoneアプリ「HOME'S(ホームズ) アクセシビリティ対応版」を提供開始いたしました。

iPhoneアプリ「HOME'S(ホームズ) アクセシビリティ対応版」
URL:https://itunes.apple.com/jp/app/homes-homuzu-akuseshibiriti/id847399857


■iPhoneアプリ「HOME'S(ホームズ) アクセシビリティ対応版」概要
本アプリは、視覚障がいを持つ方がご自身で住まい探しをして頂けるようサポートする、賃貸物件検索アプリです。iPhoneのアクセシビリティ機能「VoiceOver」を活用し、物件検索から不動産会社への問い合わせまでをアプリ内で行って頂けます。具体的な機能は以下の通りです。

<本アプリの機能>
・「VoiceOver」機能で、画面上の文字を読み上げ、物件検索から詳細情報の確認までをナビゲートします
・不動産会社への問い合わせも電話でスムーズにできます
・ロービジョン、弱視の方向けの機能として、より大きな文字で表示することができます(iOS7以上対応)

■iPhoneアプリ「HOME'S(ホームズ) アクセシビリティ対応版」提供開始の背景
現在、日本の視覚障がい者人口は31.5万人(内閣府 平成25年版 障害者白書)と言われています。近年では、日々の生活にスマートフォンのアクセシビリティ機能を活用して、生活の利便性を向上させている方が増加しており、各地で勉強会等も行われています。特に、スマートフォン専用アプリは、PCサイトや最適化サイトに比べて圧倒的に広告が少ないため、「VoiceOver」等の音声読み上げ機能を利用した際に、余計な情報が少なく、必要な情報だけが入ってくるというメリットもあり、視覚障がいを持つ方に有益なツールと言えます。
そこでこのたび『HOME'S』では、視覚障がいを持つ方にも、より使いやすくご利用いただけるようiPhoneアプリ「HOME'S(ホームズ) アクセシビリティ対応版」を提供開始しました。本アプリは東京都盲人福祉協会、日本盲人会連合に協力頂き、障がいを持つ方に試作段階のアプリを実際に使っていただきながら開発したもので、視覚障がいを持つ方がご自身で住まい探しをして頂けるようサポートすることを目指した国内初の視覚障がい者向け賃貸物件検索アプリです。本アプリでは、国内最大の物件数を掲載する『HOME'S』の中から、自分らしい住まいをお探しいただけます。


  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング