1954年 世界初のマッサージチェア量産化から60年 マッサージチェアの知られざる歴史を紐解く『フジ医療器 60周年史』期間限定公開

@Press / 2014年4月16日 13時0分

「フジ医療器 60周年史」表紙
健康機器メーカーの株式会社フジ医療器(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:木原 定男)は、1954年に創業者・藤本 信夫が世界で初めてマッサージチェアを量産化してから、2014年4月1日に60周年を迎えました。
それに伴い、マッサージチェア誕生から現在までの歴史とともに当社のあゆみを紹介する「フジ医療器 60周年史」を、2014年4月16日より、特設ウェブサイト「60周年記念サイト」にて期間限定で公開致しました。

【フジ医療器 60周年史】URL: http://www.fujiiryoki-60th.com/book.html ※PDF版のみ公開

歴史を振り返る貴重な写真資料
http://www.atpress.ne.jp/releases/45357/img_45357_2.jpg


戦後復興の1954年当時、創業者の藤本 信夫は、多くの人が集う銭湯で、人々を元気にできる商品ができないかと考え、マッサージチェアのアイディアを思いつきました。不要品や廃材の中から部品を集めて組み立て、試行錯誤を繰り返し、試作機を完成させた後、日本で初めてマッサージチェアの量産化に成功しました。

「フジ医療器 60周年史」は、現在公開中の「60周年記念サイト」上で4月16日よりご覧いただけます。1954年の創業から各時代に愛されてきたマッサージチェア商品を当時のカタログと共に紹介。大阪の銭湯から全国のご家庭へと普及させてきた地道な営業活動、生産工場の遷り変わり、そして、使命としている健康社会への貢献など、マッサージチェアのパイオニアとして、フジ医療器が歩んできた60年の歴史とこれからをお伝えします。

【フジ医療器 60周年史 概要】
URL: http://www.fujiiryoki-60th.com/book.html


<目次>
●1954年 ゴミの山からマッサージチェア
●1960年 煙突を目指して営業活動
●1965年 株式会社フジ医療器として会社創立
●1970年 トラックに載せて全国へ
●1971年 堺工場を新設
◆当時のカタログから 1960~1970年代のもみ玉のこだわり
◆当時のカタログから 豊富な使用方法
●1982年 流通販売網の拡大で飛躍
●当時のユニークな販売方法マッサージチェア展示車
●2008年 本社移転と東京ショールーム新設
●2009年 大阪工場を新設
◆健康社会への貢献
◆受け継がれる開発DNA

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング