“効き目のあるフレーズ、効き目のないフレーズとは?”「“限定モノ”に弱い女性」は本当だった!「普段よく見聞きする食料品の訴求フレーズにおける効果」調査~ “そのフレーズ、お客さんにしっかり響いていますか?” ~

@Press / 2014年4月17日 13時30分

図1
 総合広告会社の株式会社協同宣伝(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:滝沢 平)では、このたび、【「言葉」をテーマにした自主調査・第2弾】として、「普段よく見聞きする、食料品の訴求フレーズにおける効果」の実態調査を実施いたしました。
 今回は「首都圏1都3県」(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)を対象とし、各都県内に現居住する20代~60代の男女1,000名の皆様の声を、「一般消費者の最新実態」として把握した調査となっております。


 食料品(飲料含む)の店頭やショッピングサイト等の「売場」では、購入直前時点での消費者の関心や購入意向を高めようと、多くの「訴求フレーズ」が使われています。その中には、昔から「定番」的に使われているものから、「お得感」や「信頼感」を強調しているものや、その他 趣向を凝らした物言いまで、実に多彩なフレーズが見られます。これら各々の狙いは肝心の消費者の購買行動において、どの程度達成されているのでしょうか?「情報の受発信」を取り巻く環境が日々変化している今、「購入」の主役である消費者の最新実態として、これらを把握しておく必要性は非常に高いと思われます。そうした問題意識から、消費者の「購入」意思決定プロセスの視点も取り入れた定量検証を行いました。

 以下、その主な結果をご報告します。


― 消費者の「購入」意思決定プロセスに沿って、
「第1フェイズ/気になって注意を向ける」⇒「第2フェイズ/買ってみようかと検討を始める」⇒「第3フェイズ/買ってみようという思いが強くなる」⇒「第4フェイズ/最終的に買おうと決心する」という「購入以前」4フェイズと、さらに「購入後」の「第5フェイズ/買った後で、そのことを友人・知人達と話す」の計5フェイズ各々での「きっかけになる」とした上で、
その該当度合をポジ/ネガ5段階で設問、その加重平均スコアで全般傾向を確認しました ―

*調査対象の「訴求フレーズ」としては、「食料品」対象によく見聞きするものの中から、「価格を中心とした数字」自体が唯一最大の影響要因と思われるもの(例:「半額」「40%off」等)や、プレミアムキャンペーン等における「景品」自体に大きく依存すると思われるもの(例:「抽選で~が当たる」「もれなく~プレゼント」等)を含まない30フレーズを任意抽出しました。
― cf.後述<参考>


■≪第1フェイズ/気になって注意を向ける≫ベスト5は、
…『本日限り』『お買い得品』『今なら増量』『期間限定』『季節限定』。

@Press

トピックスRSS

ランキング