バカらしくて就活をやめた既卒者限定の就職サービス【就活アウトロー採用2014】開始!

@Press / 2014年4月17日 9時30分

就活アウトロー採用2014イメージ
成熟社会におけるライフキャリアと組織文化の再開発を推進するNPO法人キャリア解放区(理事長・納富 順一)は、エントリーシートや合同説明会、リクルートスーツなど既存の就活フォーマットを一切廃止した既卒者限定の就職サービス「就活アウトロー採用2014」を開始します。また当サービスのプロデュースは、“全員がニートで取締役”のNEET株式会社の仕掛人・若新 雄純氏が担当し、マニアックな就職のかたちを模索していきます。


【企画の背景】
頑張ればテレビや洗濯機、車が買えて、生活の向上がありありと実感できたような時代が終わり、私たちが職業人生を通じて目指すべきもの・見出すべきものが多様で複雑になってきました。この問題はもはや、おとながこどもに「教える」という単純な構造では解決できません。正解がどこにあるのか、誰にも分からないのが現状です。
このような時代に、大学3年生になったからというだけで、自己分析や業界研究をしても、自分が何者なのか、何がしたいのか分からないのが当然です。この問題を解決するためには、若者たちが多様な関わりの中から試行錯誤し、自分自身の中にある答えを探す必要があります。

そこで私たちは、大学在学中に就職活動をしてこなかった既卒の若者たちに注目しました。彼らを就職できない「弱者」と見なすのではなく、試行錯誤や寄り道を繰り返しながら新しい何かを模索する、「進化するマイノリティ」と捉え直しています。すでにこのような若者に興味をもち採用の意思を示している企業が多数あります。既存の就活フォーマットを一切廃止し、若者と企業が信頼関係を深めながら共同で作り上げて行くマニアックなサービスをスタートいたしました。


■就活アウトロー採用2014サイト
http://outlaw.so/


【就活アウトロー採用サービス概要】
対象となる若者:大学既卒者~29歳まで

<対象者のイメージ>
・既存のシステムや文化に馴染めず、就活を辞めた、あきらめた。
・うまく言えないが、何かが気持ち悪い。何かがバカらしい。
・海外放浪などの事情で就活のタイミングを外した。
・そのうち「いい会社」や「いい経営者」に出会えたらそこで働こうと思っている。
・ハマれば頑張れる、やるときはやる。
・まぁ死にはしないし、なんとかなる。
・仕組みに乗っかるより、仕組みを作る方が好き
・考えすぎて、狂いそうで、どうしていいか分からない
・研究は好きだけど、世の中の役に立つのか分からない など

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング