~アジア最大級を誇る、「食の技術」の総合トレードショー~「FOOMA JAPAN 2014 国際食品工業展」 6月10日(火)~13日(金) 東京ビッグサイトで開催!

@Press / 2014年4月18日 18時0分

FOOMA JAPAN 2014 国際食品工業展ポスター
 「FOOMA JAPAN」は食品機械を中心に、原料処理から製造、物流に至るまで、食品製造プロセスのあらゆる分野の企業が一堂に集結するアジア最大級を誇る、「食の技術」の総合トレードショーです。

公式サイト:http://www.foomajapan.jp


 37回目を迎える今回は「食の未来を探しに行こう。」をテーマに、666社(共同出展社を含む)が出展し、出展面積28,072平方メートルの規模で行ないます。

 会場内では、出展各社が食品製造プロセスの効率化と自動化を図るための最新鋭の製品や最先端のテクノロジーを展示したり、実機のデモンストレーションを行うなどして製品の特長を国内・海外からの多数の来場者にアピールします。

 また、期間中は出展企業が自社の製品・技術・サービスなどについて説明する出展社プレゼンテーションセミナーや、各大学・研究機関の研究発表及びシンポジウムなども開催。食品業界関係者の新たなビジネスの開発や技術力の向上に役立つ情報などを提供します。


【今年の特徴!】
1.多様化する製造現場ニーズにロボット化が加速。会場内で展示・実演多数
2.FOOMAビジネスフォーラムで服部 幸應氏と山本 益博氏が対談6月11日(水)
3.今年も来場者には最高の“おもてなし”を提供


<ごあいさつ>
FOOMA JAPAN 2014 展示会実行委員会 委員長 櫻澤 誠(さくらざわ まこと)

 一般社団法人日本食品機械工業会は、平成26年6月10日(火)から13日(金)の4日間、東京ビッグサイトにおいて「FOOMA JAPAN 2014 国際食品工業展」を開催いたします。

 FOOMA JAPANは、食品製造プロセスのあらゆる分野を網羅したアジア最大級を誇る、食の技術の総合トレードショーとして着実に成長してまいりました。経済状況に大きく左右されることなく、例年10万人規模の安定した集客を誇り、また、近年、海外からの来場者も増加傾向にあるなど、出展社からも出展効果において高い評価をいただいております。

37回目となる今回は、出展社数が666社となりました。FOOMA JAPANは、特定の分野に集中することなく、「食」に関わるすべての分野を網羅した他に類を見ない食品機械の総合展示会です。FOOMA JAPANは、新製品・新技術の発表の場として、高い期待を多くの関係者からお寄せいただいており、主催者一同、身の引き締まる思いです。

@Press

トピックスRSS

ランキング