エリザベス女王の長年の在位を称える24種のクラウンサイズ銀貨を集めよう!英国王立造幣局発行の限定特別コレクションスタート~4月18日(金)より国内予約受付開始~

@Press / 2014年4月18日 15時0分

5ポンド銀貨デザイン
 泰星コイン株式会社(本社:東京都豊島区/社長:岡 政博)は、“英連邦加盟国24種公式記念銀貨コレクション~プリンセスから君主へ~”の予約受付を、4月18日(金)より開始いたしました。

 ヴィクトリア女王に次ぐ最長の在位を誇る女王エリザベス2世を称えた限定特別コレクションがスタートします。女王エリザベス2世の足跡を、1953年に王位に就いた頃の若いプリンセス時代から、今日の経験豊かな女王に至るまで、合計24枚のクラウンサイズ銀貨でたどっていく壮大なシリーズです。今後2年間に渡って全24種類が発行されます。

詳細: http://www.taiseicoins.com/product/elizabeth2_2014/


◆英連邦加盟国から12のテーマで構成される特別な銀貨
 本コレクションは、英連邦加盟国を対象として品位925の銀貨で鋳造され、各国ごとに異なる12のテーマを取り上げます。女王の私生活、公的生活、責任、情熱のストーリーが重ねられた各テーマは、<プリンセス時代の女王>を描いたコインと<君主としての女王>を描いたコインの2枚ペアで構成されます。今後2年間に渡って全24種類が発行されます。過去に発行された「女王エリザベス戴冠60周年記念コレクション(全24種)に続き、一枚ずつ集める楽しみも兼ね備えたこの限定版も高い人気を博することでしょう。


◆第1貨「ウィンザー朝-プリンセス」若き母女王エリザベス2世をデザイン
 <プリンセス時代の女王>を描く記念すべき第1貨は、王室属領であるオルダニーから発行されます。第一次世界大戦中に反政府感情が高まる中、ジョージ5世が当時のサクス=コバーグ=ゴータ家の家名を改めたことで始まったウィンザー家。その後、1936年の王位放棄などの試練を乗り越え、ウィンザー家は今日まで存続しています。女王エリザベス2世は、1948年11月14日、次の君主となるべきチャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ王子を授かりました。コインには、若き母である女王エリザベス2世が長男のチャールズ王子と遊ぶ姿が描かれています。「レガシー、義務」という言葉は、女王の祖父が設立したウィンザー朝を継承する国王としての役割を反映したものです。オークの若木はウィンザー家の新しい世代の始まりを象徴しています。


【販売概要】
第1貨 オルダニー 2014年「ウィンザー朝-プリンセス」
5ポンド銀貨 (詳細)
重量:28.28g 品位:.925 直径:38.61mm 発行枚数:30,000 状態:プルーフ
価格:15,120円
http://www.taiseicoins.com/index.php/module/ShohinShosai/action/ShohinShosai/sno/25523

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング