地元ならではの食材をとり入れた初夏のリゾートを楽しむ美食 『初夏の宮古島』を感じるディナーコース ― 4月1日~6月30日 ―

@Press / 2014年4月18日 14時30分

雪塩を使った本日の一皿(イメージ)
日本屈指のリゾートアイランド沖縄・宮古島の南部、約100万坪の敷地を誇るシギラリゾートでは、3月下旬に海開きを行い、すでに夏の陽気が漂うシーズンを迎えています。そのリゾートの中核となる全室スイートのリゾートホテル「シギラベイサイドスイート アラマンダ」では、初夏のリゾート滞在をよりお愉しみいただけますよう、フランス料理の技法を用いた大人のイタリアンレストラン「グランマーレ」で、地元ならではの食材をとり入れた『初夏の宮古島』を感じるディナーコースを、6月30日までの期間限定でご用意しております。

■南国の海と大地の恵みを美食に仕立てて
ミネラル豊富な大地と南国の太陽が育てた島野菜や、近海で捕れた魚介、沖縄のブランド肉などを、厳選した食材とかけわせ、それぞれ旬の島の恵みを引き立てる美食に仕立ててご用意いたします。彩りも美しい一皿一皿をお愉しみください。

■プールサイドの開放的な大人の空間
グランマーレは、ラグーンに面した開放的なプールサイドのレストラン。店内はダークブラウンを基調とし、琉球石灰岩の柱が程よいアクセントの落ち着いた空間。夜には、ライトアップされた水面が幻想的な景観となり、静かでゆったりとした時が流れるような大人の空間を作り出します。


【『初夏の宮古島』を感じるディナーコース】
 レストラン名:グランマーレ
 場所:シギラベイサイドスイート アラマンダ プールヴィラ棟1階
 営業時間:18:00~22:00(当日19:00までの予約制)
 販売期間:2014年4月1日~6月30日まで(水曜定休)
 販売価格:
  ■マーレ(海) ¥10,800
   前菜からデザートまで海の恵みを満喫するコース
  ■オリゾンテ(水平線) ¥12,960
   島野菜、沖縄ブランド肉、魚介のすべてを堪能できるコース
  ■チェーロ(空) ¥16,200
   その日に厳選した食材と沖縄産黒鮑などの高級食材を使った贅沢なコース

 ※料理内容は、仕入れ状況により内容が変更となる場合があります。
 ※料金にはサービス料・消費税が含まれております。
 ※コース詳細: http://www.nanseirakuen.com/allamanda/grandemare001.html

------
【ホテル概要】
名称:シギラベイサイドスイート アラマンダ
所在地:沖縄県宮古島市上野新里926-25
電話:0980-74-7100
開業日:2005年7月
客室数:128室(全室スイート)
アクセス:宮古空港から車で約20分
HP: http://www.nanseirakuen.com

------
【シギラリゾート】
沖縄本島から南西に300km、日本屈指のリゾートアイランド宮古島。珊瑚礁隆起の自然あふれるこの島の南岸に、約100万坪もの敷地が広がる「シギラリゾート」。珊瑚礁のまわりを鮮やかな熱帯魚が泳ぐ美しい海、四季を通じて様々な花が咲き誇る豊かな自然あふれるこの地に、スタイルの異なる4つのホテルを中心として、島の新鮮食材を使った多彩なレストラン、すべてのホールから海を望むゴルフ場、日本最南端の天然温泉施設などが点在し、他では味わえない極上の休日をお過ごしいただけます。
 ホテル:
 ・ホテルブリーズベイマリーナ     
  1993年開業 家族連れを中心に幅広い客層を迎えるホテル
 ・リゾートヴィラ ブリッサ       
  1998年開業 長期滞在型のコンドミニアムホテル
 ・シギラベイサイドスイート アラマンダ 
  2005年開業 全室スイートの大人のプレミアムプライベートホテル
 ・ザ シギラ              
  2013年開業 オールインクルーシブの最高級プライベートヴィラ



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

宮古島近海の白身魚をタルタルに仕上げて 海ぶどう&キャビアを添えて(イメージ) 近海マグロのブレザオラ 宮古の太陽を浴びた有機サラダと共に(イメージ) 特選黒毛和牛フィレ肉とフランス産フォアグラのポワレ伝統の“ロッシーニ”トリュフ香る(イメージ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング