インド最大規模の「インド ムンバイ 5 データセンター」を空港至近に建設開始~ムンバイのサーバールーム提供面積を2倍以上に拡大~

@Press / 2014年4月22日 15時0分

外観イメージ
 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、データセンター関連サービスを提供しているグループ会社Netmagic Solutions Private Limited(ネットマジック・ソリューションズ社、略称:Netmagic社)を通じて、約100億円を投じ、インドにおいて9番目となる「インド ムンバイ 5 データセンター」の建設を開始します。
 本データセンターは、インド経済の中心拠点であるムンバイに位置し、インド最大規模のサーバールーム面積約7,400m2(2,500ラック相当)を2015年度第2四半期より提供開始予定です。
 NTT Comは、2015年度のクラウド/データセンター事業の収益を、2012年度実績の2倍以上の2,000億円以上にする計画のもと、アジアNo.1のデータセンター事業者として、先進のサービスをグローバルに拡充していきます。


1. 背景
 近年、企業のシステムアウトソーシング需要の高まりを受けて、インドのデータセンター市場は年率15%以上の成長が見込まれています。金融機関、グローバル企業などの本社が集積しているインド最大の都市であるムンバイは、経済活動の中心地であるだけでなく、年間を通じ、インド国内において比較的停電が少ないという電力事情から、データセンターサービスの需要が激増しています。NTT Comは、Netmagic社を通じてインドのデータセンターサービスを提供しており、現在バンガロール、ムンバイ、デリー(ノイダ)、チェンナイに8つのデータセンターを展開していますが、お客さまのさらなるご要望にお応えするため、ムンバイに新たなデータセンターの建設を開始します。

(別紙1)「インド ムンバイ 5 データセンター」の外観イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/45581/img_45581_1.jpg
(別紙2)インドおよびアジア圏におけるNTT Comの主要なデータセンター拠点
http://www.atpress.ne.jp/releases/45581/img_45581_2.jpg
http://www.atpress.ne.jp/releases/45581/img_45581_3.png


2.概要・特長
 ムンバイ国際空港から車で約15分の利便性の高いエリアに、Netmagic社のデータセンター中では最大の規模を誇る地上8階/地下2階建ての専用ビルを建設し、Nexcenter(*1)ブランドの下、「高品質」「低コスト」「柔軟性」を統合した次世代データセンターサービスの需要に応えていきます。
 今後、NTT Comは本データセンターを、インドにおけるクラウドサービスの中核拠点としても活用していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング