鶴弥(つるや)が屋根材の施工における鶴弥オリジナル工法「スーパートライ クリップ工法(仮称)」の開発・発売について発表

@Press / 2014年4月22日 15時30分

Tクリップ(仮称)(プロトタイプ)
粘土瓦メーカーの株式会社鶴弥(愛知県半田市、代表取締役社長:鶴見 哲)は、屋根材の施工における鶴弥オリジナル工法「スーパートライ クリップ工法(仮称)」の開発・発売時期について発表いたしました。


<開発の背景>
2009年(平成21年)6月に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行され、良質な住宅ストックを形成することにより、「環境負荷の低減」、「国民負担の軽減」、「国民資産の向上」を実現することが国の政策として急務になっています。
当社では、長期優良住宅には、建物の中で最も過酷な環境下にある屋根の長寿命化とメンテナンス計画が重要と考え、屋根材の下の屋根下地まで含めた屋根全体の耐久性を向上させることを目的に、新たな屋根材施工方法である「スーパートライ クリップ工法(仮称)」の開発に着手しました。

<概要>
現在の粘土瓦の施工方法としては、従来の土葺き工法から、屋根重量の軽減を目的とした桟葺き(釘打ち)工法が主流となっております。今回、当社ではさらに屋根下地の耐久性向上を図るため、釘やビスを使用せず、固定クリップによって瓦を留め付けるオリジナル工法の開発を進めています。


<開発の進捗状況と発売時期について>
すでにプロトタイプとなる固定クリップ(Tクリップ(仮称))を開発し、現在、耐震・耐風圧等の各種試験および施工方法のマニュアル化を進めており、基準を満たす一部地域では先行発売を行う予定です。正式発売は2015年(平成27年)2月ごろを予定しております。


<価格について>
設計価格 10,100円/m2~(税抜)
※スーパートライ110タイプI 切妻(4~5寸勾配) 本体工事の場合(試算)
※設計価格は今後の開発展開により変更する可能性があります


<参考資料>
プレスリリース http://www.atpress.ne.jp/releases/45650/att_45650_1.pdf


<参考情報>
【株式会社鶴弥とは】
創業から120年以上にわたり、粘土瓦の製造・販売を行い、防災瓦「スーパートライ110」を主軸に活発な新製品投入を続ける粘土瓦業界のトップメーカー。全国1,900社以上の施工店のネットワーク「鶴弥スーパートライ登録施工店」や太陽光発電システム施工店ネットワーク「そらやねっと」を展開する等、住宅の屋根に新たな価値創造を目指すリーディングカンパニー。

【会社概要】
■会社名  株式会社鶴弥
■代表者  代表取締役社長 鶴見 哲
■資本金  2,144百万円
■売上高  10,542百万円(2013年(平成25年)3月期)
■上場   東証2部、名証2部 (証券コード:5386)
■創業   1887年(明治20年)
■設立   1968年(昭和43年)2月
■所在地  〒475-8528 愛知県半田市州の崎町2番地12
■TEL    0569-29-7311(代表)
■URL    http://www.try110.com
■YouTube  http://www.youtube.com/user/try110com
■事業内容 1 陶器瓦の製造および販売
      2 屋根工事の請負および施工
      3 屋根資材の販売
      4 各号に付帯関連する一切の事業


【本件に関するお問い合わせ】(報道関係者向け)
■会社名  株式会社鶴弥
■担当者  経営企画室 中村
■TEL    0569-29-3436
■FAX    0569-28-5891
■Email   h-nakamura@try110.com
本件に関する取材等のお問い合わせは上記広報担当者までお願いします。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

施工イメージ1施工イメージ2

@Press

トピックスRSS

ランキング